申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ZENZAI!君に会えてよかった
五月も本日で終わりなのです・・・早いものですね。 ついこの間まで新年の挨拶をしていたと思ったらもう五ヶ月、あと少しで半年も経ってしまうということですよ、どうしよう?

そんなことを考えながらも今日は昼食の代わりに和菓子を食べようと思って、昼休みに街中を散策。
ついこの間、いつも行っているスーパーでくず桜を発見したのでそれを買おうと思い学校から下山すると、なぜか今日は見つからず・・・
一度食べると決めたら諦められず、近くの和菓子屋も覗いてみたものの、くず桜は売り切れとのこと・・・欲しい時に限って見つからない。 人生って須くそういうものですよね。 しみじみ。
途方にくれて何も買わずに構内にあるコンビニでデザートの棚を眺める。 イマドキってな感じの洋風デザートが沢山あるのだが、今の自分には和菓子が必要なのだ!
スポンジも生クリームも今は要らないのにー!
と、そこで隅の方で申し訳なさそうにしている冷やしぜんざいとあんみつを発見。
運命の出会いですよ、君がいてくれる奇跡。 早速ぜんざいを購入して教室へ。 もさもさと食べながら授業の準備をします。
はぁ・・・幸せです・・・最近こういう形で甘いものを食べる機会がめっきり減っているので(正確には減らしているので)、たまにはこういう昼休みも良いものです・・・思いっきり頭を使う授業だったので、それも考慮してスイーツにしたのだけど、正解だったな~。
個人的には食事とは栄養を取るためじゃなくて、満腹中枢を満たすためのものなので、その意味では最高であったと言えましょう。
ただ、これでまた和菓子とはしばしのお別れです・・・また会おう! 戦友!

さて、帰宅してテレビを家族と見ていると、一昨年にあった同級生を殺害したあの少女とその親は今・・・みたいなことをニュースで見かけた。
親の方の手紙だかなんだかを公表していたらしい。「どうして娘があんなことをしたのか・・・」とかなんとか。
自分としては小学生の行動なんて9割型親の責任だと思うのだが、どうやら自分の父親の意見を聞いてみるとそうでもないと思っているらしい。
この意見を通して、そういうことと全く無縁のままで生きている自分や妹達は、両親のおかげでそういう風に育ったんだ、と言っているのだけども、なかなか伝わらないのはもどかしいね。
自分がどれだけ親から大切なものを教えてもらったのかがわからないほど子供では無いつもり。
そういえば反抗期って体験したこと無いんだよなぁ・・・それだけでも特殊な家庭だったのだな、とか思ったりするのです。

感謝の気持ちは表に出さず、ぞんざいに親を扱っている人が書くこととは思えませんね?
たまには敬わないとなぁ・・・
スポンサーサイト
人生初の・・・
最近蒸し暑くて仕方ないのです・・・
今年が例年に比べるとどうなのかはよくわからないが、今年の自分にとってこの気候はちょっとマズイ感じ。
日曜日なんかは何もしていないのにただ暑いというだけで夜の八時くらいには睡魔が襲い掛かってくる。
今まで経験したことの無い間隔なので正直戸惑うが、これはひょっとして夏バテという感覚なのでは? 部活などからも引退して久しいのだが、本格的にダイエットに挑戦しようと決めたのが理由なのだろうか?
この時期でもうバテバテなのに、真夏に入ったらもしかすると死んでしまうのではないだろうか。 それまでにダイエットの一環として体力作りにも励まねばなるまい、さらにやることが増えて無気力さんをしている暇がなくなりそうだ、うん、良い事だと思う。

昨日のあと何分には久しぶりに大量にメールを送った。
それなりに読まれたけどやっぱり被ってたみたい。 予想はしていたけど反応も思ったよりもイマイチな感じかも・・・満足度としては7割ってところだろうか。
マザー攻略についての自分の扱いが「空気読めないで普通のメール送っちゃった奴」みたいになっていたのに少しだけ凹む。 本当はその部分は()掛けておいて「ここは真面目な部分。下がネタです」とか何とか書いたような気がするけど・・・アレだと自分のキャラクターが誤解されないだろうか? 少し気になる。 ネタを上に書いておくべきだったか、それとも真面目な部分は書くべきじゃなかったのか? 
まだまだ職人への道のりは遠い。迷い無く、道険しってところでしょうか。 これからもせいぜい腕は磨かせてもらいます・・・

さて、こんなことを書きながらも、あまりにも自分の脳内の情報というかアイディアの元になる知識が少ないことが最近ネックとなっております。 調べる時間もそれほど無く、またどのようなアレンジが人にどれほどのインパクトを与えるのかもよくわからない、まさに「ハード面」と「ソフト面」双方の力不足が浮き彫りになっております。
「きみのぞらじお」や「アフパラ」へのメールが書けないでいる。 書きたいのだけど書くタイミングがつかめないというか・・・そもそも聴くのも遅れがちで手遅れになっていることが多い。
一日が48時間になれば・・・きっと一年が182.5日になるだけなのでしょう。 そんな仮定に意味は無いとわかっていても時間が欲しい。

・・・うん、書くことももう無いしさっさと他の作業を開始します!
カレーの魔力
お風呂とかけまして、ヨーロッパととく。その心は・・・
良い湯(EU)だねぇ

と、突然書きたくなってしまったので書きましたが、特に今日の気分とは関係無いのです。ええ。

今日は体育があったのですが、それが今まででも有数の『最悪なサッカー』の時間だった。
自由選択で取っているはずの授業なのに、なぜかランダムで組まれたうちのチームのメンバーは、須くやる気が無かった。
一体何故なのか皆目見当もつかないけど、そのせいで勝ち負け以前の問題が解決できずに、全く面白くもないサッカーを延々と一時間続けることになった。
これからはこんなことは無いと思いたい。 サッカーが好きだからこそ、負ければ悔しい真剣勝負がしたいのです。

そんなこんなで家に帰ると食事はすでに朝の内に仕込まれていたカレーだったわけです。
そのカレーは昨日の夜に作られたものらしく、要するに一口目から「一晩寝かせたカレー」なのです!!
恐るべきかなカレーの魔力。
ワリと最近食事のコントロールにも慣れてきたのに、カレーを二杯も食べてしまった・・・
しかもそのカレーにゴマ入り七味唐辛子をバサバサかけるもんだから、胃の中がカッカしている。
相手がカレーだからと言って、食べすぎは体に悪い。 これからは気をつけよう。

少しずつ体重が落ちてきたので、これからは食事のコントロールと運動以外にも少し考えようと思う。
そんな時にこのカレー・・・泣き笑い。
ドジっ娘ウィザード大活躍?
ネットラジオ「ラグナロクパーティ」のイベントに参加するために久しぶりにガルムに接続。
鬼ごっこのイベントということで、アイスウォールも習得して準備はバッチリ!
早速集合場所であるゲフェンタワーに行ってみると、集合時間よりも少し遅く着いたにもかかわらず誰もいない・・・おかしい。
さすがにおかしいと思ったのでラジオのストリーミングを聴いてみた。

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
イベントは昨日だったらしい。
日程間違えちゃった、テヘ!
一ヶ月に一度のイベントなのに激しく凹んだ・・・
また来月のイベントに向けて頑張るしかないか。

さて、今日は一日なんだか何をやっても無駄な気がする一日だった。
自分がすることに意味なんてほとんど無いことはわかっているはずなのに、今日に限ってその意味の無いことが自分の行動に制限をかける。
そんな考えは生きていく為には枷にしかならないこともわかっているのに・・・それでも動けなくなることがたまにある。
長くは続かないけど、一生続くのではないかと恐怖する一瞬。
明日にはまた、世界が輝いて見える自分に戻っていますように。

ROの七月の大型アップデートで、ガンスリンガーと忍者が実装されないことが判明。 予定が大幅に狂う・・・困った。
ガンスリンガーにしようと思っていたキャラクターだが、仕方ない、マジシャンにすることにしよう、ソウルリンカーの実装にあわせないといけないからなぁ・・・
ともかく今日はやる気も起きないし、さっさと寝ておこう。

本日の読み物
⑨蘭堂家の人々⑧ Goddess of Innocence (スーパーダッシュ文庫 著:嬉野秋彦 イラスト:日向悠二)
少しマンネリ気味になってきたパワーゲームもついに次巻で最終回らしい。 これ以上長くするのはまずい、と作者も思っているらしい。 同感なので非常に好感が持てる。
他の嬉野秋彦の作品をあまり読まないのでなんともいえないが、この作品に関しては三巻構成で、起承転結のパターンがカッチリと決まっているので、なんというか、安心して読める。
この巻も新登場のキャラクターはいたものの、そんなに驚くほどのことでもない、敵のパターンも、そういえばシリーズごとに同じ感じだし、そこには拘りがあるのだろうか?
増えすぎ感がいなめないキャラクター達は当然影が薄いのだが、中でもメインヒロインであろうアテナは影が薄すぎではあるまいか。 最終巻での彼女の扱いがどうなるのか、気になるところ。
他の仕事も忙しいらしく、次が出るのか全く予想がつかないけど、出たら出たですぐに見つけるだろうから、楽しみにしておこう・・・
ああ、運命とはかくも儚き
昨日の年に数回あるかないかの最適気候と比べれば、ちょいとすごしづらい気温。
バスケの試合では自分がシュートを決めたことよりも、大事な場面で焦って入りもしないシュートを撃ってしまったことが悔やまれる。
絶対に入らないのはわかりきっていたのに、決めれば勝てると言う、自分としては珍しい驕り。 あんなことは二度とあってはいけない。 もっと勝ちにこだわらずシュートに集中するようにしなくては・・・シュートに焦ることほど格好悪いことは無いのです。

ところで、マンガとか小説とか、はたまたテレビや現実でよく耳にする「運命を変える」と言う言葉が、今でも理解できない。 突然でなんだが。
運命の存在を信じないわけではないが、上記のセリフは明らかに何者かが運命を勝手に解釈していると言うことにはなるまいか?
その人はどうして運命がそういうものだと断定できたのだろうか?
いつも考えている問題をワリと思考が対立している友人に話してみたら、もちろん意見が対立した。
なのに、結論として「変えられるのなら、それは運命ではないのでは?」と言うことだけは一致した。珍しいこともあるものだと思う。
そんなことを考えていたら今日は学校に遅刻した。 これも運命か・・・ああ、運命はかくも儚き。
雨に向かって走れ!
本当は掃除をしようと思っていたら、意外にも外の天気は快晴。
そうだ、プールに行こう。
今日もプールで耳に水が入らないように適当にプカプカ。
クロールは苦手なので平泳ぎです。 あと歩いたりしてエクササイズ。
五時ごろになってそろそろ帰ろうかと思ったら窓の外が豪雨です。 ええ、当然傘なんて持って来てないので土砂降りの中を自転車で駆け抜けました。
ずぶぬれで家まで戻ると、この季節になっていつも汗だくな自分としては珍しく寒気。 当たり前といえば当たり前だと思うけども・・・すぐ治ったので別に困らなかった、変なところで丈夫な体に感謝。
それにしても、一時間三十分の授業一つのために往復四時間かけて登校するのは結構しんどい。 授業が一つなくなってしんどくなることもある。 良い体験・・・に、なったと思っておく。

本日の読み物?
EASY LISTENING(リトルウィッチファンディスクより)
ノベル形式なので、一応読んだってことで・・・
9個あったストーリーの中で半分くらい読んでみた結果、これが一番印象に残ったので感想をば。
サブストーリーらしく、主人公じゃないキャラクターの自分の才能について悩む非常に青臭い感じの流れの物語。
基本的に青臭いストーリーは大好きだけど、中でもこのショートストーリーはテーマが凄く自分の考えていることに似ていたので良い、と思った。
自分に才能が無いって割り切って未来を決め付けて生きるのは、幸せでは無い分辛くなくて良い・・・そう考えているはずなのに苦しい・・・青春にはつき物だと思うのです。
頑張って頑張って頑張って・・・
それでも認められないことへの恐怖。
自分の全ての否定。 
夢の喪失。 
それでも諦めきれない焦がれる気持ち。 
そんなテーマだった。
全くもって共感。 自分にも、いつか失うことを覚悟してでも目指すものが見つかるのだろうか?
もしその『いつか』が来るのなら、それは本当に自分が生まれる日であり、そして自分が死ぬ日なのかもしれない。
死んでも良いなんて思えることが幸せなのかは、自分には正直わからないけど、それは凄く、羨ましい事だとは思うのです。
物語の主人公には必ずあるもの。 自分は自分の人生の物語の中でさえ、主人公にはなれていない。
そのいつかを目指して、今はただ、磨き続ける。
Too Real!!
今日は一日、昨日のあと何分を聴いて内心爆笑、外見では含み笑いをしていた。
ああいうお祭気分はたまにあると凄く楽しめる。 POAROは不思議がっていたけど、なんとなく必然があったような気もするのです。
実際、いつもよりも全然送りやすいメールテーマだったし。 個人的にはダジャレは苦手なので、ああいう半分出来合いのものにアレンジを加える形のテーマは良い。 来週のラスト オブ 天一の方も今日一日かけてサックリと考えて送ってしまった。
苦手なテーマがあるのも考え物かも・・・楽しめない日があるってことだし、これからは苦手にも挑戦していかなければなるまい、頑張ろう。

昨日のあと何分は・・・勢いのおかげでそれなりに笑いも取らせてもらったようで何より。 皆さん凄い脊髄反射だったらしく、お祭り騒ぎでワッショイワッショイってなものです。
個人的にはやっぱり『くわばらかずやリアル』さんのネタ(と言って差し支えないだろうか?)は、凄いな~と思ったわけで。
言葉で無理矢理表現するなら、「異世界に召喚された勇者」的な強さとでも言えば良いのだろうか。 ちょっとベクトルが違う感じ。
伝説って、ああいう風に作られていくんだなぁ、と、聴きながら思いましたとさ。 自分ももう少し頑張ります。 頑張りますとか言ってばっかり・・・

さて、『はちゅかの』体験版をプレイしてみたわけだが、個人的には妄想シーンが無い方が話がスムーズで良いな~、と思った。
攻略キャラは・・・一人なんだろうか? ヒロイン、妹を差し置いてクラスメイトのりあんが一番攻略してみたい気はする。
資金が無いのでどうせ本編はプレイできないだろうが、まあまあ楽しめた。

メールのネタでお世話になったので、久しぶりに電車男を読み返しつつ朗読劇を録音したMDを聴いてみた。
泣ける・・・何回読んでも泣くシーンがあるんだけど、涙もろくていけねぇ。 他にも最近本を読んで泣くことが多いような気がする。 感情移入しすぎだろうか。 客観的に見ることも大事なので、あまり良い事とも言えないだろうか。 少し直すことを考えようと思う。

MF文庫Jの新巻がポロポロ出ていた。 月見草平の新シリーズが出ていたから気になったけど、名前を見てみるとなんか前シリーズと雰囲気が似てるというか、ひねりがイマイチな気がしたのでスルーした。 今後気になったら買ってみよう。

軽く部屋の掃除をしてみてスッキリ。 明日も適当にやってバッチリとは行かないまでも、それなりに過しやすい部屋にしよう。
汚い部屋と壊れたポータブルMD
部屋が汚い。
正に「足の踏み場も無い」部屋での生活。
気に入ってるけど、普段使う分には支障の無い部屋ではあるけど、普段と少し違うことをしようとすると途端に行き詰る。
これは掃除をせねばなりますまい、本棚のマンガを少し掃けて小説を詰め込んで、ゴミもガッツリ片付けて机の上もスッキリさせよう。
たまにやる掃除は気持ちが良い・・・毎日する気はサラサラ無いけど。
水曜日のゼミが無くなって時間に余裕がある。水曜日の午後は掃除に充ててやってみよう!

外をもっさり歩いていると、ポケットからポータブルMDがポロリとこぼれ落ちる。
地面に触れた瞬間に聴いていたMDが飛び出た。
・・・かと思ったらポータブルMDの中身のパーツが一緒に飛び出る。
結構長く使ってるものの、マサカあんなに気持ちよくブロークンするとは思わなんだ。
それに、壊れたパーツを元の場所に戻したらまた使えるようになるとも思わなかったし・・・
授業のサッカーで自分たちのチームは一点も取られていないのに2対3で敗北を喫するというのも珍しいし、変な一日だったなぁ。

・・・今、あと何分始まったばかりだけど、変。これから二時間楽しみだ。
翼を授ける~?
個人的に気になるCMランキング三位以内に入るであろうレッドブルを、本日始めて購入、早速飲んでみてガッカリ。
缶のデザインは良かったものの、飲み物として一番大事であるところの味は、あまり良いものではなかった。しかも高いし。
予想して然るべきだったのかもしれないが、まあいいか、どんなことにも一度目はあるわけで、それがたまたま失敗だったということ。ま、味だけならまだしも、あんなに高い物は二度と買いません、栄養ドリンクか!!

個人的にニンニク七味とスリゴマを適当な比率で勝手にブレンドしたスパイス?が今日は大活躍した。
本来なら味噌汁とかに振り掛ける形で使うんだけど、今日は七味の方に醤油を混ぜて練り物っぽくしたものを餃子につけて食べてみる。
・・・辛い、が、美味かった。バッチリです。
日曜日にもかかわらずプールで泳いだりなんかしてなかなかに有意義でな一日でもあった。まさに休日でリフレッシュメント。明日からの生活も頑張ろう。

さて、今日はついでに本屋によって電撃大王とPUSHを購入。
よつばとは最近になって面白いと感じるようになってきた。他もまあ半分くらいは読む。ジャンプと違って好きな作品しか読まないのはそんしている気がしないでもないけど、嫌いなものを読むのもいかがなものか・・・読んだら余計にそんした気分になるのではあるまいか?
REXなんかはほぼ全部読むんだけどなぁ・・・大王ってハズレが多いような気がする。
PUSHの付録にも適当に目を通す。体験版を二つプレイしてみたけど、「姫さま凛々しく!」はぼちぼち。声が入ればさらに良さそうか。Q-Xの作品は初めてやったけどなかなか・・・うん、まあ。
「ルナそら」はあまり合わなかった。他のも気になったら折を見てやろう。
その折はほとんど無いのだけれど・・・折があれば。
溢れ出るモノ、ただ溢れるのみ
岡田さんのアンテナって、あんまりそこに載る仕組みがわからなかったのだけれど、全然関係の無い人のweb拍手とやらのおかげでその仕組みがおぼろげながらも理解できた気がする。
ああいう知識は知ろうとすれば手に入るが、その気がない人には全く伝わらないのがメリットであり、デメリットでもあるんだろうと思う。
辛辣なことを言われていたその拍手主には悪いけど、助かったのです。ありがとうなのです。

さて、自分は時々、無性に、かなりどうでも良いタイミングで、どうしようもないことを思いついてしまうのです。
先日「・・・あ!こういうシチュエーションの小説が書きたい!」とかいきなり思いついてしまって、そこからが大変。
自分ってば、表現力、想像力、その他諸々の小説を書く力が微々たるモノなわけで、なのに頭の中でだけストーリーが勝手に進行してしまう。
要するに妄想なんだけど、誰にでもあるものなのだろうか?
書いてはみるものの、自分の表現力の無さにため息をつくばかり・・・

特に、好きな小説を読み終えたあととか、ラジオでメールコーナーを訊き終えたあととかは、こういう衝動が起きやすい。
センスの無い自分の無いものねだりは止まる事を知らず、しかし行き着く先は自分の限界と言う壁なわけで、溢れ出したモノは、ただ溢れ出すだけで、誰にも、何にも届くことなく流れ落ちるのみ。
少しでも満足させるために、今日もラジオにネタを送ろう。
自己満足だとしても、少しでも誰かに笑ってもらえることは、やっぱり嬉しいことだから。

・・・まあ、こんなことを言ってる暇があったら、もっとネタに磨きをかけやがれなのです。 自分に足りないものは才能だからって、努力をしないで良い理由にはならないのですよ、ええ、そうですとも。
回想、妄想、反省、その他諸々吐き出して、軽くなった頭でもう少しガンバリマショウ。
まどろ~む
昨日色々と書きたいことがあったのに、結局本日長々と書くことになってしまいました・・・
なぜかというと、昨日学校から帰ってですね、誰もいなかったのでパッパと生協から運ばれてきたであろう食べ物を冷蔵庫につめ、風呂の掃除をし、湯船に湯を貯めながらの半身浴+読書。 帰ってきた家族とともに食事をし、そして気がついたら次の日の朝六時だったのです。
・・・あれ?一番最後の記憶が八時半だったということは・・・

ほぼ、十時間睡眠!

一昨日ほどの疲労感は無かったはずなのだが・・・思った以上に自分は疲れているのかもしれない。
さらに昨日書きたかったこともワリと綺麗サッパリ忘れてるし・・・
寝すぎっていうのもよろしくないか? 気をつけよう・・・

先日の読み物
⑧がるぐる! Dancing beast night 下 (電撃文庫 著:成田良悟)
越佐大橋シリーズを締めくくる大作。
入り乱れるキャラクターが無駄にドロドロすることが無いのは、さすが成田作品といったところだろうか。
個人的には、成田作品の終わり方にはいつも燻る何かを感じるのだけど、今回はワリとスッキリと・・・うーん。
ただ、残る部分は後日談として語ってくれそうなこともあとがきに書いてあったので、ゆっくりと待ちたいところ。
個人的には夕海とラッツ、バネ足ジョップリン、雨霧八雲とナズナ(と、シャル)、狗木とイーリー、東西幹部連中、その他諸々語ってもらいたいことはいくらでもある。楽しみだなぁ。
強いて文句を言うなら、成田作品の最初のカラーは長々と語りを入れてもらいたいところだったのだけれど、そこは作者がやりたいことをやったらしいので仕方ないか、ってことで済ませておこう。
なかでも今回はバネ足ジョップリンのキャラクターがツボにはまる。ああいうキャラって好きなんだよぁ・・・
ダラーズに似てるかな、とか。
ラッツと似てない?とか。
エアギアにそっくりな存在いなかったっけ?とか。
思わないでも無いけど、ああいうキャラは好きです。
あと、個人的にケリーのキャラが最後までしっくり来なかったのだけど、しっくり来ないキャラクターとして終わらせるのも有りだろうか?
葛原とのフィーリングも、個人的には・・・
思ったよりも辛口っぽい批評になったけど、本当に良かったのです。
番外編以外にも、デュラララ・バッカーノにも期待。
力を抜く
ここ一週間の悩みのタネであるゼミの課題が終わった!
また一ヵ月後には新しい課題が出るけども、それまでは一時の安息を噛締めてみます。

さて、それはそれとして学校から戻ってみれば自分自身の疲れが酷い、パソコンの調子が酷い、あとなんか気分的にも酷い空気を感じています。
最近の、余裕がなくてどこに力を入れて良いのかわからない生活が問題だろうか・・・ネタメールを書くのにさえ飽きているようでは何も手につかないのです。

コンディションオールグリーンを目指し、今はただ力を抜いて・・・
POAROライブ感想・・・あかほり?
今月のマンスリーライブも楽しませてもらいました・・・若干鬱。

色々あったんだけども、個人的な感想をつらつらと書こうとか思っているのです。
オススメのギャルゲーの話になった時、ついうっかり「センチメンタルグラフィティって答えたら面白いかな・・・」と思ったしまったのが運が良いのか悪いのか。 予想通り過ぎて怖いくらいに伊福部さんからありがたいツッコミをいただきました。
そのときの鷲崎さんのコメントが「アイツあかほりさんに似てるんだよなぁ・・・」で、それは先月のライブに続いて二回目なわけで、結果としてあわせ技一本な感じで『自分はあかほりさとるに似ている』という固定観念が確定したわけです。 喜んで良い・・・の、だろうか?
歌はやっぱりさっぱりなのに楽しかった。 ブランキージェットシティの曲とかはモノホンも聴いてみたいなぁ、今度探してみよう。

それにしても、マザーの1か・・・結構シビアなゲームだと思うけど大丈夫だろうか? 初心者なら2をやるのが良いと思うけど・・・感想としてメールで送ってみようかな。
君のぞをオススメしたのも、あとから考えるといかがなものか・・・というか、こういう風に書くと、ワタクシ、ギャルゲーに詳しい印象ありますね?
普通なんだけどなぁ・・・ああいうところで発言するのって珍しいから張り切ってしまったようだよ。
デスノートの関しては、客席も含めて疑問を持つ人が多かったみたい、あの終わりは・・・第一部で終わるべきだったか、と嘆息。
アルバムも頓挫しつつ、躓きつつもそれなりに進んでいるみたいでありがたい。 FF調のPOAROの二人、見てみたかったけどなぁ・・・

論文和訳が終わってないので、明日はヒィヒィ言いながら机に向かってきっと若干鬱。 頑張ろうっと。

本日の読み物
⑦マキゾエホリック Case2:大邪神という名の記号
(角川スニーカー文庫 著:東 亮太)
さて、個人的には禁書目録にぶっちぎられた作品であるわけだが・・・なんて言えば良いんだろう?
涼宮ハルヒ、タマラセ、ラグナロクにされど罪人は竜と踊る。
スニーカー大賞系の作品はそれなりに心に響くものがあるんだけど、これは珍しく響かないというか・・・自分に合わないというか・・・
もともと、様々なキャラクターをひとまとめにしてそれが繰り広げるドタバタを楽しむものなんだろうけど、見事にどのキャラクターも引っ掛からない。
正直文章の上手い下手は自分にはわからないので完全に合うか合わないかだけなんだけど、それでもこんなに引っ掛からないのは珍しいなぁ。 嫌いなんじゃなくて、好きな部分が無い感じ。
何がいけないんだろう・・・一巻でイマイチだったから二巻に期待してたんだけど・・・うーん。
ってか、間宮のキャラってフェイトのあれがモチーフなのかな・・・どうでも良い事ではある。
でも三冊目が出たら買ってしまいそう。なんなんだろう。 小説って難しい!
僕が3ポイントシュート決めたら皆がすっげぇ驚いてました
苦節一ヶ月、今まで一度もシュートを決められなかったバスケの授業で本日初得点を決めてまいりました!
パスをもらってから数秒、誰にパスを出そうかとしばらく悩んだ結果、自分は誰もマークしてくれない事に気がついてしまったので恐る恐るシュート。
ヒューーン・・・パス
下を見れば3ポイントラインの外側からのシュートなわけで、結果的には3ポイントゲッツ。
その後もう一本普通の2ポイントシュートを決めて、五分間の試合には9対8で勝利。
まさに、まさに!ワタクシのシュートのおかげで勝利を手にしたわけですが、そのときに相手チームに言われた「あの飛び道具有りかよ!?」ってなコメントが印象的でした。
・・・自分がシュートを決めるのはそんなに意外なのですか?
たしかに影は薄いし、むしろ影を出来るだけ薄くして生活しているわけだけど、それでもシュートを決めたって良いじゃない!
・・・まあ、久しぶりに試合でシュートを決めてホクホクなわけです、ええ。

家に帰る前にスーパーですりゴマを購入。
コレがまあ体に良いらしくて、随分前にテレビですりゴマダイエットをしていたことを思い出して買ってみる。
ご飯にもかけるし、他にも様々なものをゴマ三昧にしていくのです。
健康ライフも近いですよ、フッフッフ・・・
忙しくは無いのです
やることが山積みな気がする・・・
時間が無いわけじゃなくて、ただ、ある時間をキッチリと自分が使えていない感覚とでも言いますか・・・
やること>時間>>>やる気>思考能力
みたいな?
ラジオ番組なんかもだんだんストリーミングに追いつかなくなるし・・・勉強だけなら困らないんだけども、楽しみも消化しきれないのは辛いかも。
もう少し危機感を持って、明日からの・・・明日は英語の授業があるし論文の和訳も全然終わって無いんだった!
ナイスブログ! 今から急いでやるます。

本日の読み物
⑥とある魔術の禁書目録10 (電撃文庫 著:鎌池和馬 絵:灰村キヨタカ)
実は先にマキゾエホリックを読んでいたのだけども、それをぶっちぎって読んでしまいました。
このシリーズももう10巻か・・・早いものだなぁ。
最近の小説の特徴として、勧善懲悪ってのは少なくなってきている。
今回珍しく敵側のうち一人かなり悪人っつーか、間違った人がでてきたけど、それでもオリアナさんの方は人として正しく、でも方法を間違えたというか、他の方法を思いつけなかった人って言う印象が強い。
やっぱりこの人の書く『敵』は感情移入しやすくて良い。
なのに上条当麻はそれをぶっ飛ばすところも変わらない。 それがなんとも格好良くていいんだよなぁ。
個人的には前回大活躍の吹寄さんがスマッシュヒットしたので、今回出番が少ないのは残念。
なんかこれからも出番があまり無いんじゃないか? 姫神みたいにかなり影の薄い存在になってしまうんじゃないかと思うと、残念を通り越して悲しくなってしまうね。 吹寄さんカムバック!!
あと、凄く気になることが一つ。
上条当麻の記憶喪失はストーリーに絡んでいるのだろうか?
近しかった存在である御坂や父母が気付かないのは若干気になる。
心の一言で片付けてしまったのだろうか?
うーん、これからどんなことになるか。それとも記憶喪失についてはノータッチで行くのか?
ま、良いけどさ、面白いし。
あきがきた!
あきがきてしまいました・・・飽きが来てしまったのです!
あ~、ROをやる気が今現在激減しているのです。
まあ、一ヶ月のうちに一週間くらいはこんな気分になることがあるのだけれど、その間はやらない方が得策かもしれない。
きっとまた学校生活に慣れれば恋しくなるのです、きっと。
それまでは・・・今ちょっと他のゲームも楽しかったりしているので、マッタリとやっていくことにしようと思う。

今日は日曜日に買った大喜利修学旅行第三夜を見てみる。
うーん、短い。楽しい一時はあっという間に過ぎるね。
疲れていたのか、夜が無いせいかもしれない、大人しく感じたこともあって・・・まあでも、楽しかったので良し!
コメンタリーを見る時間が無かったのでまた明日・・・明後日辺りに見ようと思う、ちょっと明日は余裕が無いことを思い出して凹んだ。
今月の電撃もなんだか個人的には豊作気味だし、ゆるりとやっていくことにしましょうかね・・・

本日の読み物
⑤アンダカの怪造学Ⅲ デンジャラス・アイ(スニーカー文庫 著:日日日)
回を重ねる毎に、なんとなく日日日の作品は完成度が増しているような気がする。
今までは新人ゆえの不安定感というか爆発力というか、もの新しさというか・・・そういうものがあったように思える。
まあ、個人的にはこの変化は良いことだと思うので、全然ありがたいことなのだけれど。
爆川さん可愛過ぎですが・・・ストーリー的にはパズルのピースの中でも絵になる部分が揃ってきた、って感じだろうか?
前回はなんとなく核心って感じじゃなかった気がする・・・んだけど、また得意の勘違いが発動しているだけか・・・
これから後どれくらい続くシリーズなのかわからないけど・・・というか日日日のストーリーがどんな風に完結していくのか、非常に気になる。
途中が良いだけに、期待はずれにならなければ良いのだが・・・
ライブデイズ 其の②
正確にはライブではなかったのだけれど、まあ似たような・・・似てもいないけど、イベントがあったのです。

その前に、日頃お世話になっているヒムラマンアンテナさんの方で登録だかなんだかさせてもらったらしく、そこにこのブログの名前が載っていたのです!
岡田あづまさん、どうもです。これからもそれなりなブログを書かせてもらいます。

ってなわけでイベントの感想やら何やら。
12時からのイベントでは、最初に出て来たkistyの五人をぼ~っと眺めて思ったことは一つ。
「・・・あ~、アイドルのイベントってこんな感じなのね?」
そんな感じ。 温度差あったな~。
その後、本編?はなんかいつも通りのアレで。トークよりも特筆すべきはコントだろうか?
笑いあり、怪我ありのシャッフルコントでした。順番もアレでよかったみたいだし、意外と問題の無いイベントだった、中でもやっぱり八木・ツボヤペアは作りこんだだけあってしっかりしていてスバラシ。

だが、その全てを霞ませるほどのインパクトがその二時間後に開始。
まさかあんなに面白いものになるとは思わなかった・・・凄いぞ大喜利!!
入場からして気合入り過ぎ、ステージ楽しみ過ぎ、客笑い過ぎ、時間短過ぎですよまったく。
意外なのかどうなのか、結果はイギリスさんの二冠に終わる。他にも良い答えがいくらでもあったが、最終的に一番印象に残っている答えが「卒業式同時開催」なんだから仕方が無いとも言える。
そっか、大喜利って端から見るだけでもこんなに面白いのか、と実感した瞬間。
次回も大喜利があれば端から見てみたいところである。
本当なら参加してみたいのだけど、そこまで出来るとも思っていないので楽しみに待つことにしよう。

・・・ただ、一つだけ悔いがあるならば、自分が他のメール職人さんたちに自己紹介が出来なかったことだろうか。
自分は自己顕示力が足りないのだと思うのです。ホワイトボードを用意して、ドカベンのステッカーを持って、他のメール職人さんたちが楽しく会話しているのを近くで聞きつつ、それでも自分から話しかけることも出来ないとは・・・なんとも力不足。
これからも、どうにもなるまい。などと嘆息してみる。
頑張ってみたいけどなぁ・・・

明日からはまた普通に学校に通う。まあ、五月病なんて毎月かかっているようなものだし、多分大丈夫だろう。
ま、頑張るとしますか。
ライブデイズ 其の①
GWの締めはライブ三昧なのです。
本日のライブは横浜ブリッツで行われた機神合体デモンベインライブなわけだが、こんな機会じゃない限り遠出なんてしないのでなかなかに手間取った。
開場一時間以上前に会場に着いてしまったし、途中で買ったパンが体に合わなかったのか、ライブ中も腹が痛くて、正直ライブどころではなかったり・・・
明日はもっと心に余裕を持って行動したいものだ。

ちなみにライブ内容は、去年のスーパーソニックと比べると、ライブパートが少ない分なんだか物足りなかった。
うーん・・・と唸っていると、なんと10月にはスーパーソニックライブをやるとのこと。
今日のライブはそれの代わりだと思ってたのに!
まあ、楽しみが増えたと思えばいいかなぁ・・・
もちろん、今日のライブも良かったことには変わりは無いし(腹痛をのぞく)
明日は勉強地獄手前の最後の楽しみだ。完璧に楽しむことを考えようっと。
ハッピー&ブロークン
誕生日でした。ええ、22歳になります。
特に何が変わったでも無いけど、それなりに・・・自分の人生も確実に進んでいるんだなぁ、と実感。
ケーキなんかも食べたりなんかしちゃったりして、ぼちぼちハッピーな気分の一日。

なのにそんな日に、使っていたメガネのレンズを拭いていたら、いきなりメガネのフレームがブロークン!
ブロークンメガネフレーム。
曲がるとかならまだしも、フレームの一部が完全に折れてしまいました。
泣く泣くメガネショップに行って、大して下がってもいない視力を測り、お気に入りだったブロークンしたメガネになるべく近いフレームを選択。
現在若干度の上がったメガネに慣れながらのブログです。
ついでに長年壊れていた自転車のブレーキも直して、今までの膿を出すかのような一日になりました。

誕生日ってことで、ドカベンアイランドのメールにも期待していたのだけれど、そんなにはうまくいかないみたいです。
自分がMVPを取るのにはかなりの努力と、そして運が必要なのです。
それを再確認できただけでもよし!
今日は少しポジティブに締めることで誕生日を演出してみました。
褒められるって恥ずかしいね
本日、ネットラジオであるニュータイプナイト内で、人生でも稀に見る幸運によって褒められてしまいました・・・
嬉しいんだけれども、非常に恥ずかしかった。
もう本当に、褒められることなんて無いんですよ!ええ!
ひょっとしたら、これからの人生でも褒められることなんて数えるほどしかないかもしれない。
でもまあ、賞賛のお言葉は有難く戴きました。この喜びを活力にして、これからも生きて行きたい次第でございます。

今日はゲームを買ったり週末に読む本を買うために友人とともに秋葉原を散策。
先日楽しみにしていると書いたアンダカの新刊を発見!早速買い、週末に備える。
他にも二冊ほど欲しい本もあったけど、まあ今日のところは一冊で。
ホクホクで帰ってきてしばらくしたら膝が痛くなった・・・
どれだけ老人なんだよ!?

本日の読み物
④GIRLS -Diary-(リトルウィッチファンディスク特典)
本日買ったゲームの特典としてついてきた、メーカー曰く『詩集』。
誰かの書いた詩を馬鹿にすることは多いけど、それと同じくらいの率で自分は感動することが多い。
心のどこにその線引きがあるのかがよくわからない・・・まあ、その線がわかることは一生無いと思う。
中でも心に残ったセリフは、こんな感じだった。

『ただ、あなたが幸せでありますように。』

見る人によっては、やっぱり陳腐に見えてしまう言葉なんだろうか?
詩って大抵そういうものだとは思うけど、こういうセリフにはなぜか自分は反応することが多いのです。
それは、多分、自分がその感情からかけ離れているからで・・・と、恥ずかしいので止めておく。
総合して良い読み物だったような気がします。
すいむ いん ざ かおす
休みってこともあって数年ぶりに近くの室内プールに行ってみた。
この時期なのにすでにワリと込んでいる、暇人ばっかりってことだろうか?
泳ぐのも数年ぶりだけど、それなりに泳げましたとも。クロールを泳いでいた自分はまるで溺れているかといわんばかりの無様っぷりだったから、平泳ぎで結構な距離を泳ぎました。

ただ泳いでいるだけって言うのもなんだから、平泳ぎで顔をつけている時間は鼻歌を歌う遊びをした。
中でもなぜか歌った、エデンズボウイのEDテーマ「クロール」が、突飛で非常に良かった、今年は運動をするためにも泳ぐことを習慣にしようか。

ただ、夏はもっと混むんだろうな~、嫌だな~。
カオスの中を、泳げ!ってなことです。
ゲルマニウム的な何か
ひょんなことからゲルマニウムリングなるものを腕に着けているのです。
なんでも血行が良くなるとかなんとか・・・
着けてから数時間で早くも体に異常が出た。
手が!手が熱くなってきたよ!?爆熱!って感じ。
今までは手足が冷たい事が多かったんだけど、コレがゲルマニウムの力か・・・正直困るんですが!
血行が良くなった事によって体が熱くなって、暑苦しくて寝られないってのは随分と地味なところにしわ寄せが来た。
まあ、一度寝てしまえば起きた時にはいつも以上にスッキリしてるから、ありがたいといえばありがたいんだけど・・・

先日の体育で、思いっきり足を踏み込んだ時から感じる嫌な痛みが今日の体育で再発。しかも歩く時にも痛みを感じるようになってしまった。
まだ歩けないほどではないけど、これからも悪くなるようだったら対策を考えねばなるまい。
水曜日から五連休なので、その時はゆっくりしたいなぁ・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。