申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の相撲甚句モドキ その二十六
RIKISI「PSP~Pride, Skill and Power~」

僕の事を 鍛えたのは 負けの悔しさ
ついた土に 構う事無く 稽古は進む

顔を伏せて もう一度だけ 涙を拭こう
誰もいない 僕の場所で 力士になりたい

僕の心臓 ドキドキする
行司が呼べば

一人ぼっちで 歩いていこう
前だけを睨みつけ ホラ
腰を深く落として
立ち合っている 狭い土俵 
目の前の 敵よりも そう
相手は自分の中

場所中日に 耳に入る 誰かの噂
横綱ヒザ 壊しちゃって 休場するって

どうせ僕の 相手なんか 終わってるけど
そんなことで 相撲の稽古はサボりたくない

僕の心臓 ドキドキする
時間いっぱいで

土俵の上 差されたまま
パワーボタン 入れるのさ 今
敵さん さようなら
懸賞金 受け取って帰る
立ち合いが 終わっても ホラ
魂は土俵の中

Passport to Sumo Place!
Punching to Sadness and Pressure!
Pride and Skill and Power!

一人ぼっちで 歩いていこう
前だけを睨みつけ ホラ
腰を深く落として
立ち合っている 狭い土俵 
目の前の 敵よりも そう
相手は自分の中

土俵の上 差されたまま
パワーボタン 入れるのさ 今
敵さん さようなら
懸賞金 受け取って帰る
立ち合いが 終わっても ホラ
魂は土俵の中





元歌はPOARO「PSP~Personal Space in Pocket~」です。
相撲に大事な心技体、それを持って一人戦う力士ってな感じです。
元歌の格好良さは残っているのかしら・・・?
あまり説明しても仕方ないとは思うのですが、今回英語も相撲っぽいものに変えてみたのでそこだけ・・・

Passport to Sumo Place!(土俵へのパスポートは)
Punching to Sadness and Pressure!(悲しみと重圧をぶっ飛ばす)
Pride and Skill and Power!(心・技・体!)

ってな意味だと思ってもらえれば良いです、本当の意味とかは、まあ良いじゃない?
「Punching to」は「Punch out」とかの方が良いでしょうか?
まあ、もう作っちゃったので変えませんが、それでもオロオロと迷ってみたり。

「うたう」とは光と影、みたいなイメージで作りました。
相撲って「みんな」の力を貰って「一人」で戦うものだと思うのです。
一応口ずさんで確認はしたのですが、歌いにくかったら申し訳ないかも。
まあ、歌わんでもいいのですが、歌ってもらえると嬉しいって言うか・・・

みんな、弱い心を握りつぶして、誇り高い力士を目指しているのかなぁ・・・
そんなことを考えつつ。
スポンサーサイト
本日の相撲甚句モドキ その二十五
RIKISI「それが大相撲」

力士と 肥満の 区別がつかない
良い技 悪い技 区別がつかない
それらは大相撲 人気の低迷さ
そうでしょ? えらい人たち

なんだか 最近 痩せる若者が
増えてる 気がする これは何故なんだ
それも大相撲 人気の低迷さ
研究結果が出てる

ワンパク相撲にも出てないから 子供たち
投げの凄さもわからないのだ
本気なの それは?

断髪式見て泣きましたか?
ちゃんこダイニングに行ってみてからもう一度来てください

気力と根気で 作り出す体
力士の 心が 作り出す勝負
全ては大相撲 相撲の真髄さ
そうでしょ? Mr.TAIHO!

四股も ツッパリもやらないから 子供たち
外で遊ぶこともしないのだ
本気なの それは?

僕らの青春こんなでした
先生の家はどんなまわしがどれくらいありますか?

投げを食らって意識飛びましたか?
お上さんに優しくされてから
もう一度来てください





元歌はPOARO「僕はゲーム脳」です。
実はまだ未完成なのですが・・・ラップって難しいです。
まあ、ゲームが相撲に変わっただけです。
ただ、Mr.○○は相撲人気の低迷を論ずる人が思いつかなかったので真逆に。

今の子供達ってワンパク相撲とかに出てないのかなぁ・・・
そんなジジイ臭いことを考えつつ。
本日の相撲甚句モドキ その二十四
RIKISI「うたう~melody of memories~」  『スモー』非公式イメージソング

さあ うたおう 僕が作った甚句(うた)!
ほら 出会ってきた 大事な人のため
さあ うたおう 僕が作った甚句(うた)!
どんな 時も 笑いあってきた仲間とうたおう

親方(パパ)の稽古
勇気くれたよ
お上さん(ママ)のちゃんこ
おいしかったよ
だから僕は負けはしないんだ!

君の期待
嬉しかったよ
君の行司
覚えてるだろう?
またもう少しで 笑いあえるさ

さあ うたおう 僕が作った甚句(うた)!
ほら 声を張るよ 国技館 響くように
さあ うたおう 僕が作った甚句(うた)!
まだ 涙流す時は来てないんだ うたおう

君と立合い
本気だったよ
好敵手(とも)と出会い
待っててくれた
全ては今に続いてるんだ!

君の張り手
胸が痛いよ
そしてぼくは
たどり着いたよ
あとは千秋楽 乗り切るだけさ

花道 歩く
みんなの前を
塩を投げる
最後の星さ
だけど相撲は終わらないんだ!

甚句(うた)を うたう
心を込めて
甚句(うた)を うたう
優しいうたさ
この場所終わったら涙流そう




元歌はPOARO「▼♪うたう」です。
アルバム発売おめでとうってことで作ったのですが、
昨日今日で作ったってワケでも無いです。完成は昨日ですが。
あ、あと「~melody of memories~」については特に意味は無いのです。
ただ、歌の感じにはピッタリな副題かな~と。

昇進直前の力士、今までを思い出す、って感じでしょうか?
元歌詞が半分くらい残ってます、でも十分だと思っていますがどうなんでしょう?
期待しているのはファンを想定しました。

自分を支えてくれる全ての人に感謝を、そして前へ・・・
そんな想いを想像しつつ。

今まで作った甚句モドキの中でもかなり好きな感じかもです。
さて、発売したわけだが・・・
「ふっかつのじゅもんがちがいます」ついに発売していたのです。
予約をしていたのでサックリと購入。家に帰ってパラパラと聴いてみたのですが・・・
あんまり感想書きすぎてもアレだと思うので、これだと思った三曲を。

「PEACH」
歌詞を見ながら曲を聴くとインパクトが違います。
個人的にはPOAROの歌で・・・いや、今まで聴いてきた歌の中でも屈指の感動を与えられました。
一回聴いただけで目が真っ赤になるくらい涙が・・・こんなのは初めてかもしれません。
なんとなく思い出の若い頃の絵よりも、思い出して笑っている老人の絵がたまらなく切ないです。
本当に嬉しそうに、満足そうに・・・最高に幸せそうな終わり。
長生き願望の無い自分ですが、重なる思い出を大切に出来るなら、長生きも悪くないのかなぁ、と思います。
今回、自分のイチオシって感じです。

「▼♪うたう」
マザーをプレイしていると感動もひとしおですが、していない人にもある程度なら雰囲気が伝わるような気がする歌。
この歌を気に入った人なら、マザーをプレイすれば多分泣けます。
悲しく、優しい、愛の歌。
音の感じもマザーっぽくて、良い感じなのです。
「PEACH」をイチオシしたものの、この歌も相当好きです。

「PSP~Personal Space in Pocket~」
こっちの方が「POAROっぽい」感じ?
格好悪いことを凄く格好良く歌うのは、なんていうか、らしいです。
孤独な存在には非常に共感が持てるって言うのもありますけど・・・
あと、Personal Space in Pocketの響きがメチャクチャカッコイイ。
言ってることはカッコ悪いのに・・・


こんな感じでしょうか。他の曲も良かったけどとりあえずこの辺で。

もう少しあいうえお作文頑張らないとなぁ・・・
本日の相撲甚句モドキ その二十三
やく田美和子「ぼくが力士だったこと」

もう一度 見てみたい
道ゆく力士の肩についた土の儚さ
雪よりも白い清めの塩
ぼくを見る客の目

もう一度 聞いてみたい
情けない力士に飛ぶ親方の怒鳴り声
まわしたぐり寄せがっぷり四つ肌のぶつかる声
ぼくを呼ぶ行司の声

憶えていて
ぼくが見たかったもの
ぼくが聞きたかったもの
憶えていて
ぼくがきみと立合ったこと
ぼくが力士だったこと

もう一度 見てみたい
人波割るようにまっすぐ続く花道
足跡のついていない土俵
ぼくを見る客の目

もう一度 聞いてみたい
負けにざわめく観客と投げつけられる野次
夕暮れがせまる国技館に降り注ぐ太鼓の音
ぼくを呼ぶ行司の声

憶えていて
ぼくが見たかったもの
ぼくが聞きたかったもの
憶えていて
ぼくがきみと立合ったこと
ぼくが力士だったこと

憶えていて
ぼくが見たかったもの
ぼくが聞きたかったもの
憶えていて
ぼくがきみと立合ったこと
ぼくが力士だったこと

もう一度・・・・・・




元歌は奥田美和子「ぼくが生きていたこと」です。
力士にとって、引退は一つの死であると思うのです。
きっと、引退してしまったら、今まで見てきたものもなんだか違うものに見えて、
聞こえていたものも、もう元のそれとは違うのでしょう・・・
力士だった頃のそれらはたまらなく愛おしくて、
そして、ふとした時に切なくなるのでしょう。
想像ですが。

力士として死んでしまった彼らは、今、力士を見て何を思うのかなぁ・・・
そんなことを考えつつ。
計算について
京葉線が止まって随分と厳しかったって話は、まあ正直どうでもいいのですよ。
いきなりですけど。
良い天気だったし、そんなこともしょうがないかなって思えるくらいには若いのです。

それで、帰りも完全に復旧はしてなくて、一時間に一本ってな状態だったのです。
発車二十分前から電車に乗り込んでいたわけですが、そこで気になることがあったので、
ゼヒ話したい!
優先席にどっかりと座って「意外と空いてて助かりましたよ~w」とか言ってる若者がいたのです、自分より若いかどうかはわからなかったけど・・・
ただ、二十分前から待ってる人なんて一握り、すぐに一杯になるだろうことは考えられなかったのだろうか?
その人が座る時、一般の席だってガラガラではないけど空いてるところもあって、そこに座るくらいの考えは無かったのだろうか?
無茶な予想をしろとは言わないけど、その程度の未来は想定しておいてほしいものです。

自分は座れなかったので、愚痴っぽくなってるだけかもしれないけど・・・
本日の相撲甚句モドキ その二十二
新居やく乃「きれいな蹲踞」

そっといなされて
この土の冷たさにやっと気づいた
朝目が覚めて
鳥の声にはじめて気づくように 突然

まだ知らない何も
相撲の奥にあるもの
知らないの

星ばかり見ていた
いつから こうして
あの綱の真下へこの塩 飛ばして

ヒジの痛みを耐えるみたい
頼りない私でも 立合いして

立合いをしている私はどんな顔なの
花道で

お客の声が今 孤独をつつんだ
私が目を開けてほほえむ瞬間

星ばかり見ていた
ここから踏み出し
あの綱の真下へ連れていって

心からあふれ出す
きれいな蹲踞を
あなたに捧げたい

そっと手をついて
そっとこの土に
そっと そっと




元歌は新居昭乃「きれいな感情」です。
ノワールのEDテーマだったらしいけど、自分はRGBから入りました。
相撲に勝ち負け以外の「何か」を求めた歌になります。
「カイナ」と似てるけど、あっちは激しい感じ、こっちは静かな感じです。
ここ最近は、なんだか戦ってる感じの甚句を書いてないような気もしますが、
ああいう格好良い甚句って考えるのが難しくて・・・
いつかサラリと書けるようになればいいのだけど。

なんとなく、他の人にも歌の流れと言うか、ストーリーが伝わったら良いな。
珍しく、そんなことも考えつつ・・・
一般教養と言ふ物について
単位取得のため、理系なのに文系の授業も多少は取らなくてはいけないのです。
別に難しくもなければ、自分は国語が不得意なわけではないので・・・
本当ですよ? 別に国語は苦手じゃないです、作文だって普通です。

ともあれ、別に特に興味があって取った授業じゃないわけです。
ただ、その授業で出てくる小説や詩の類のわからないことわからないこと・・・
ホームズとかポーの作品ですら、名前もわからぬものばかりで、
なんとも自分の知識のなさが浮き彫りにされる思いです。
こういうのって、一般教養じゃないですか。
普段の会話とかで普通に使われてしかるべきものだと思うのです。
知らないと会話が成り立たないコトだってあるはず。
暇があれば図書館にでも行って、パラパラと読みましょうかね~。
特にPOAROまわりとかはこういうのって常備な感じじゃないですか。
読んでつまらないものじゃないだろうし、何事も挑戦です。

他には取り立てて言うことは・・・ダイエットがはかどっていないことくらいしかorz
まあ、頑張りますよ、ええ・・・
本日の相撲甚句モドキ その二十一
HALITE「力士だ☆光るぜ」

立合いの帰りに寄った病院で 治した膝をさらに冷やす事10分
今日はもう稽古も何も無いから テレビでも付けて眠くなるのを待つか

くたびれた体には休場・引退・故障・不仲のニュースは重く
バラエティを探す ラブストーリーを探す フィクションを探す 探す

夢も希望も無い俺がしなくちゃいけない事
只稽古を真面目にする
それくらい出来るだろう?

いつの間にやら気になり始めていた番付表、なんやら来場所に昇進のタイミング
今日は親方が解説に来ているから さりげなくドラマにでもダブらせて聞いてみるか

見ている様で見えてない景色 知ったかぶって知らない世界
映画やマンガの見過ぎで膨らみ過ぎた嘘物語 一括消去だ

力もセンスも無い俺がしなくちゃいけない事
只皆を笑顔にする
それくらい それくらい出来るだろう?

くたびれた部屋着のTシャツを脱いで
格好良いつもりで足を上げて四股を踏む
たまの休みだ ゴロゴロしていたい気持ちもあるはあるが
力士だ☆光るぜ

夢も希望も無い俺がしなくちゃいけない事
只皆を笑顔にする
それくらい出来るだろう?

名場面の無い俺がしなくちゃいけない事
只稽古を 相撲を真面目にする
出来るだろう?
それくらい出来るだろう?




元歌はMALCO「男だ☆光るぜ」です。
これもワリと知ってる人が多そうです、カラオケなんかで歌うと情けなくなりますよ?
この人たちの歌は男の「情けなさ」「格好悪さ」「必死さ」が伝わってくるのが良いです。
自分は、こういう歌詞ってあまり好きじゃないのだけど、この人たちの歌は良いです。
なんて言うか、生き様を感じます。
それをそっくりそのまま力士に投影してみました。
どんな力士にでも物語があって、必死になっているのかなぁ・・・
そんなことを考えつつ。
財布なんて無くたって
1限に間に合うように家を出発。
眠い頭が電車に揺られて覚醒を始めたとき、財布を忘れたことに気がつきます。
そして学校に到着、ここで1限は授業が入っていないことに気がつきました。
そして3限が休講、2限だけサラリと受けて帰ります。

・・・おっちょこちょいってワケじゃないんですよ?
なんていうか、ダメだったらダメで良いかなぁ、ってな感じの精神だって言うだけで。
昼飯なんて一度抜いたところで死んだりしないし、ただ授業を受けるだけなら、
そうそう財布なんて必要にならないのです!
しかし、いざと言う時に頼れないプレッシャーってのはあるもので、
結構スリルはありました。
これからはなるべく忘れないようにします、忘れますが。

さて、なんだか山のように部屋に積んであったMD、
何が録音されているのかサッパリわからなかったので一度聴き直してみることに。
探していたものもあれば、何故消去されていなかったのか理解できないようなのも。
そろそろiPodってやつですか?
アレも良いな~、とは思っているんですけど、
なかなか手が出せない自分がいます。
そう言えば、カセットからMDに移行する時もかなり渋っていたような気が・・・
物持ちが良いってワケでも無いので、要するに新しいものを受け入れられないのでしょう。
使えば使いやすいのはわかるんだけど・・・
こういうのって捨てられないんですよねぇ。
友達からは馬鹿にされます、馬鹿だと思います。
MDの山とお別れする日が来るのかなぁ・・・セルフしんみり。
マンガも読みます
ジャンプを購入。
電車の中で泣きそうになりました・・・
ワンピース、良い話なんだよ~、目の前が涙で滲みます。

さて、学校からの帰り道、道端の本屋にフラリと寄って、珍しくマンガを物色。
前々から買おうと思っていた「ブラックラグーン」と「パンプキンシザーズ」です。
アニメ化の影響か、平積みされていたので見つけるのも楽ですね?

「ブラックラグーン」はともかく「パンプキンシザーズ」はまさに、
「隠れた名作」との噂に違わぬストーリーでした。
形は違えども、二つとも信念を貫くお話。
小さな幸せ、一握りの平和、大事なことだけど、
大きい物を見すぎて見落とすことが多いこと。
それを忘れないで守ろうとする人を、笑う人もいるのでしょう。
大事の前の小事なのは、間違いないのだけど、それでも小事を守れる暖かさ。
読めて良かったような気がします。考えさせられます。

ブラックラグーンはスラング?とかアウトローな勢いとか、血沸き肉踊っちゃう感じ。
カッコイイ奴らの躍動感が凄く良い感じに出ているのです。
人間を支えるプライドを見た気がします。

一日の終わりにあと何分。
最近、「そういう事じゃねえ」ってな感じのメールしか書けない。
上手く行かないものですなぁ。
頭が若干腐ってるんじゃないかしら?
リフレッシュするには何が良いかな・・・学校?
便利なツールを導入?
夏休みからやろうやろうと思っていたアクセス解析がついに導入に至りました。
それのついでと言うかなんか失敗したと言うか、アクセスカウンターまでついちゃって、
なんか逆に入りにくい感じになっちゃいましたか?
気にしてるからつけたのですけど、あまり気にしないで来てもらえると嬉しいのです。

これがまた、自分が想像していたのよりも多いじゃないですか!
皆さんすいません、全然気を使えていなくて。
空調とか大丈夫ですか? 散らかっていますけどどうかくつろいでいってくださいね?
あ、鶏をフライパンで焼く時にはローズマリーを入れると風味が良いです、オススメです。
せいぜい知り合いでも一人か二人来るか来ないか、とか思っていたので。
なんだか随分と嬉しいし、緊張しちゃいますね~。

え~、さて、先日のアニスパなんぞを聴いちゃって、テンションとかはともかく、
アルバムの曲説明は物凄くありがたい感じで聴いていました。
ピーチは初めて聴いたかも、良い雰囲気が伝わってきます。
クオリティ云々は素人の自分なんぞが言っていいものではないのですが、
今回は全体的に好きな歌が多い気がします、発売が楽しみ・・・
って、この話つい最近したかも、話題少ないですね。

あと、やっとこさ勝ち残ってきたニュータイプナイトの競馬予想で、
ついに敗北を喫しました。
しかも自分ひとりだけ、結構ショックかも。
チキンとしては有終の美ってところなんでしょうかね~。
勝ってれば優勝だったので、悔しくなくは無いですが、こんなところですよ、ええ。
相撲の千秋楽は見損ねたけど、少しずつ横綱の一人勝ちが崩れてきたようで。
来場所は、もっと優勝争いが面白くなるんでしょうか。
日曜日だと言うのにどこにも行かず、そんな休日。


本日の読み物 その三十五

アナザーホリック ランドルト環エアロゾル ×××HOLiC
(講談社 著:西尾維新 原作:CLAMP)

もともとがどんな話なのかサッパリですが、随分と西尾維新テイストがマッチしています。
「浅ましい台詞しりとり」、多分実際にやっても面白くないのでしょう。
言葉で遊ぶのには、それ相応のウィットが必要だし、
他人と共通した認識が必要なことが多いから。
だから、物語の中で面白く感じることを実際にやるのって難しいのです。

そして「いる」と思えば「いる」話。
人の想い、人の認識はそれだけ強いって話。
地球が太陽を中心に自転していようと、
世界は自分を中心にしか認識は出来ないのでしょう。
自分が想うことで、世界の何かは変わっているのでしょうか?
世界から想われなかったら、自分は存在できないのでしょうか?
そんなことを考えて、でも笑いながら。
やっぱり世界は回るのでしょうね~。
あ、感想関係ないですか?
選ぶことは決めること!
それが楽しいことかどうか、どちらかを判断している自分よりずっと以前に、
「それが楽しいことかどうか」を決めた自分がいたんだなぁ・・・
そんなことを考えたのです。

どんなことでも「楽しい」と決め付けて楽しめる人は、最高に幸せな人生を送るのでしょう。
プラシーボってわけじゃないけど、人の考える力は意外に強い。
そんなお話。

別に何があったってワケでも無いけど、ネガポジって変えられないことじゃなくて、
長い長い時間をかけて、積み上げるものだと思うのですよ。
とか、ネトゲで話しちゃったり・・・絶対嫌われます。
もう少し気楽な世間話が出来る人間になりたいなぁ・・・
うたいましょう、うたいましょう
今週のあと何分で流れた「うたう♪」をヘビーに聴いているのです。
POAROの歌の中では・・・今まででも一番好きかもしれないのです。
もちろんマザーをプレイしていたことで一層良さが引き立っているのだけど、
そうでなくても凄く良い歌だと思う。
思いは集まれば歌になるのです。
それはマザーに限ったことではなく、全てのことに当てはまることだと思うから・・・

さて、アルバム発売まで一週間を切ろうとしている昨今。
なんだか世間では売り切れ必死の予感がしているとか。
予約、しに行ったほうがいいのかな・・・
まあ、時間があれば行くことにしましょうかね。

最近、メールを送るテンションが維持できない代わりなのか、
運動をなかなか良い気分で出来ています。
夏休みが終わってもなかなか進まないダイエット、仕方がないので他のことをとりあえず放っておいて、痩せることを第一の目標にしたいと思います。
どうせすぐに飽きるでしょうけど・・・
まあ、明日も頑張りますよー
『作文』の難しさ
ラジオにリライトした読書感想文を送ったわけで。
読まれはしたけど、ボツって感じでした。

やっぱり「ちゃんとした感想文」からは掛け離れていたようで。
八木さんの解説を、国語の授業みたいに真面目に聴いてしまいました。
上手く文章を作ることの難しさ、こういう時に改めて染み入ります。
真面目に書いたからには、やっぱりキチンと評価してもらえて嬉しいのだけど、
真面目に書いたからこそ、駄文だと自分で気がついた時には
「あ~、こんな文に時間をとらせて申し訳ない」みたいに思うわけで・・・

まあ、文面ほど落ち込んでいるわけでは無いですが・・・
至らない自分を叩きのめすのは自己陶酔らしいですよ?
あんまり卑屈になるのもいけないらしい、わかっちゃいるけど止められないね。

まあ、今日ももう遅いし、寝ますとも、ええ。
鎖で安定
ついに長かった夏休みが終わり、後期日程が始まりました。
夏休み前に目標としていたことは、確かに色々とすることが出来ましたがまだ完了はできていない感じ。
もう少し頑張らないとなぁ・・・でも、結構前の自分と比べれば変われています。

ただ、講義を受けながら思ったのは、休みの時よりも安定した生活だなぁ、ってことなわけで。
前にも書いたことがあるけど「何をしても良い」状態になると
「何をして良いのかわからない」状態になってしまう自分がいます。
逆に、しなくちゃいけないことがあると安心できてしまうあたり・・・
なんだかな、休みは凄く楽しかったのですが、学校が始まったら始まったで、
嫌だな、と思わないってことなら、得なのかもしれません。

そういう意味では、ニートって凄いと思うのです。
何もしないで生きるなんて、我慢できるのでしょうか?
普通、落ち着かないと思うんだけど・・・
でも、社会に放り出されると、何もしたくなくなるのかな。
学校を放り出されないように、とりあえず頑張ろうと思います。

さて、始まった授業の中でも、今日の授業はまあ、別に取りたくはない授業でした。
理系でも文系の授業を少しは取らなくちゃいけないわけで、そんな感じだったのです。
嫌いじゃなかったけど、まあ、無難にいけそうなかんじです。
明日も早いのです・・・とは言っても6時起きで、自慢できるほどでも無いですけど。
まあ、寝ます、寝ます。


本日の読み物 その三十四
εに誓って(講談社ノベルス 著:森博嗣)

やっぱり登校時間って言うのはなかなかに貴重です。
今日も一冊読み切るくらいの時間が取れたし、これからはもう少し読める時間ができるのでしょう。

森博嗣の作品はこのシリーズになってから読み始めました。
ミステリを読むなら、個人的には文庫サイズよりも新書サイズの方が読みやすかったりもします。
ほとんどライトノベルしか読まない自分としては、むしろ一般に知られている作品の方が新鮮な感じだったり・・・
あまりミステリを好んで読むタイプではないのですが、森博嗣の事件の解決に驚かされるようではミステリ好きとはいえないのでしょうかね~。
モリログを読んでからというもの、このシリーズに関してはなるべくキャラクターの設定や状況などは頭に浮かべるようにしています。
そうして「犀川さんは○○の××さんみたいなイメージ」というのを森作品ファンである妹に話すのですが、どうも食い違いが多いようで・・・
まだまだ「読む力」が足りません。
推理力もほぼ皆無、通知表なら1で「もう少し頭を使いましょう」ってところです。
これでも脳天から煙出してるんだけどなぁ・・・
本日の相撲甚句モドキ
⑳ザ・スモウズ 「Beautiful SUMOU with you」

四股を踏み稽古する日々
僕らには白星もない
ないけど
キミは今確かに
そばで微笑む

触らせたりしない
狂ったヒザを
壊されてもいいんだ
全部受け止める

Beautiful SUMOU with you
いつか うたいたいな
Beautiful SUMOU with you
キミと光浴びて

悔しさは手口を変え
何度でも会いに来る
来るけど
二人 幾度と無く
ここで うなづいた

振り向いたりしない
食らった技に
傷ついたっていいんだ
もう 負けはしない

Beautiful SUMOU with you
いつかわかりたいな
Beautiful SUMOU with you
僕ら 立合いをしたこと

Beautiful SUMOU with you
いつか うたいたいな
Beautiful SUMOU with you
キミと光浴びて

Beautiful SUMOU with you
いつも 感じたいな
Beautiful SUMOU with you
相撲に出会えたこと



元歌はthe pillows 「Beautiful morning with you」
最近では調子に乗ってなんだかストーリー的な書き方をしてしまうこともあるのですが、
自分はこういう「漠然とした相撲の美しさ」的な歌詞のほうがグッと来ます。
一期一会の精神とか、そんな感じで。
どちらかと言うと、相撲の文化の無い場所にいた人が、一目見てか、
それともじわじわとか、相撲に惹かれていくような・・・
とにかく、今ではもう、どうしようもなく相撲が体の一部になっているようなイメージ。
今テレビに映る場所で相撲を取る彼らは、相撲に出会えた事に感謝したりしてるのかなぁ・・・
そんなことを考えつつ。
スーパーリアル万円Pいくつか
久しぶりにあと何分でメールが読まれました・・・
擬似的に吉鶴さんの気持ちが理解できたような気がします。

・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・ラジオについての感想って書いてもまずく・・・ない・・・かな。


こうなると、来月のマンスリーに行けないかもしれない事が少し残念に思えてきます。
でも、ニトロのライブは年に一回だしなぁ・・・
ギター、多分あまり弾かないだろうしなぁ・・・
ま、その時が来るまでは悩むことにしましょう。

そろそろ12時くらいには寝る習慣つけないと、学校がまずいので、さっさと寝ます、寝ます。
本日の相撲甚句モドキ
⑲やく井雅美「蹲踞-revolution-」

潔く カッコ良く 生きていこう
たとえ二人離ればなれになっても
Take my revolution

光差す土俵 まわし取り合い 立ち合った競い合った
もう負けは二度としないよって
そんな強い決意はカタチを変え 今じゃこんなにたくましい
私達のLife style everyday・・・
Everytime

正面腰落として うつる写真の笑顔に少しの淋しさつめ込んで

潔く カッコ良く 明日からは 誰もが振り向く力士になる
たとえ二人離ればなれになっても心はずっと一緒に

兄には喪主は任せないって 言っているけど
貴が喪主を務めるの?TVで言ってた
兄弟の反発心 きりがないね
兄弟みんなそうだと思われるのはfeel so bad
どうしようもないじゃない

でもね私達お互いのこと 何より大切にしてる きっと親方よりも

夢を見て 涙して 傷ついても 現実はがむしゃらに来るし
自分の居場所 存在価値は失くせない 自分を守るために

I’ll go my way戻れない それぞれの 道を選ぶ時が来る前に
こんなにも こんなにも 大切な思い出解き放つよ

Take my revolution生きていこう 現実はがむしゃらに来るし
自分の居場所 存在価値を見つけたい 今日までの自分を
潔く 脱ぎ捨てる まわしになる 仲良かったあの頃のように
たとえ二人離ればなれになっても 私は事実を語る



元歌は奥井雅美「輪舞-revolution-」(少女革命ウテナOP)
これでもいつもよりは知ってる人が多そうな曲です。知ってるでしょ?
最後の一言だけちょっと良い案が出なくて迷ったような・・・
今も少し、自分で違和感を感じちゃったり。
でも、もともと二人出てくる歌なので、二人~な感じです。
何をと言わず戦ってる感じも好きです、この歌。
今度こそ夏最後のライブ
本日、オーバードライブの「エーデルワイス先行お披露目ライブ」に行ってきたわけです。
この間から聴き始めたオトチンオーバードライブで手に入れた情報だったので、
前売りチケットに間に合わず、結局当日券でちょっと高かったのですが・・・
それでも安いでしょう、ってな感じのクオリティ。クオリティ?

歌も勿論良かったのだけど、何と言っても会場の熱気と言うか湿気と言うか、
はたまた蒸し暑さと言うかグルーブ感が凄かった。
この間書いたいとうかなこさんのライブの逆で、これも特化させると凄く良いのです。
モッシュってのがどのくらい凄いのか戦々恐々としていたのだけど、
押し合い圧し合いはそれほどじゃなくて、むしろ自分の方がぶつかってたくらいでした。
飛んだり跳ねたりを恥ずかしがっているようでは、とてもじゃないけど楽しめなかったと思う。
コールもやっぱり楽しいし、なんというか「参加する」ライブのハイエンド・・・
とまで言えるかはわからない、もっと狂気に満ちているようなライブもあるだろうけど。
自分の中ではこのライブがその点ではトップでした。
なぜかグリーングリーンシリーズを一度もプレイしたことが無いくせに、
「鐘の音ヘブン」だけは持っていたので予備知識も思った以上にバッチリだったし。
うーん、夏を締め括った!

大量の汗をかいたまま恥ずかしい格好で電車に乗り帰宅。
疲労も凄いので布団にもぐってさっさと寝ます、寝ます。
本日の相撲甚句モドキ
⑱SUMOPHIA「HARD若」

ダシで煮込む弱火でbaby
ちゃんこね 専門で出す店作る
だってまだ若い俺はこれから 解説者 キャラもお金も 兄貴FACEも
テレビで喋っている僕は 現実味ない 『そういう意味じゃ 親方の葬式も・・・』so fake さ!

鍋を持って汗水たらして 喋り疲れキャンセル貰って
シャカリキに皆 働いてる

You know? You know?
Workへと逃げる事を止めて

Hey hey! 鍋が沸騰? 言えー! all right!

1、2、3・・・食うわ!
『どうすんの?』 『すまん』 能天気な僕さ
『喪主に!』 傍からペラペラ マスコミ

下がんない世論は 今日も続く サバイバル now seven days 労働
シャカリキに皆 働いてる

You know? You know?
さぁ 目を覚ませ ホラッ!

HEY!HEY!I need you hard若baby
HEY!HEY!com’on!ふざけんなabout you
HEY!HEY!明日働けよbaby I know 昨日 有能なgirl 見つけて雇った

I say,1,2,・・・1,2,3,4!

―山(mountain)のつく力士も倒して 満天に光る星を手に入れたんだ、、それ、俺―
―貴の兄貴としてじゃなくて いっぺんだけでも呼ばれたい そんな夢、、それも俺―
―仲違いなんて言われているが いつからそうなってしまったのか? 悲しい、、それ現実―

下がんない世論は 今日も続く サバイバル now seven days 労働
シャカリキに皆 働いてる

You know? You know?
さぁ 目を覚ませ ホラッ!

HEY!HEY!I need you hard若baby
HEY!HEY!com’on!ふざけんなabout you
HEY!HEY!明日働けよbaby I know 昨日 有能なgirl 見つけて雇った





元歌はSOPHIA「HARD WORKER」
久しぶりに・・・でもないか、普通っぽい曲です、知ってる人多そうで良かった。
それにしても、前段階で調べて無かったから作ったのですが「SUMOPHIA」って
なんだか聞いた事があるような気がして・・・もし先に書いてる人がいたら申し訳ない。
うーむ、歌詞は変です、明らかに。
元のメロディへの乗せ方を、できる限りリスペクトしてみたり。
ただ、知ってる人でもソラで口ずさむのはムリでしょうかね~。
CD持ってたら、流しながら頭の中で歌詞変換してもらうのが一番楽だと思います。
あと、空耳部分を日本語にしたバージョンは邪道だと思います。
そんなコダワリ。
ギリギリなのか
前期試験の結果が届いていることに気がつき、恐る恐る封を開けて見てみる。
・・・・・
・・・
どうやら、全て落とさずに済んだようで、ホッと一息。
二年後期がかなり危ない感じだったから、一応心配していたのです。
そんなにメチャクチャに力を入れていたワケでは、無いけども・・・
これからも、別にAを取る勢いになる気は無いけども、せめて落とさないようにはしたい。

本日、特に目立ってしていることもなく、まどろんでいた訳ですが、
ROが経験値1.5倍になったらしく、いつもよりも頑張ってみたり、
ラジオでちょっと多めに読まれたことで小躍りしたり、
それに気を良くして、いつもより少しだけネタを頑張って考えたり、
完熟フルハラとかドカベンアイランドを聴いたりしていたわけです。

んで、ROを操作しながら横目で見ていたゲーム「To Heart2」で、
先日「由真ルート」をクリア後、現在は「環ルート」を攻略中なのですが・・・
タマ姉えはちょっと予想外に良かったです。
前情報が曖昧というか、このキャラだけはこういうものだって知らなかったのもあるだろうけど、嬉しい誤算ってヤツですかね~。

・・・ハ!?
遊んでばかりだ。
明日は少し走ろう、どことも無く・・・とにかく走ろう。
本日の相撲甚句モドキ
⑰やく原涼「綱の塩」

かき集めた勇気は サラサラと塩を撒き
あなたの姿にさえ 暗い闇覚える
確かな想いだけ握る手のひら込めて

投げられた綱の塩を 払うように両手を広げては
観客に見せた背中 流れる心見せないように

望むものただ一つ 抱えて踏み出す
一足ごとに力み 足の形土に刻む
恐れていたことを忘れるほどに強く

ただこの願いだけが 力士戦わせる力になる
あなたに向けた腕が 細く弱いものだとしても

立会い前に四股踏む あなたの形を焼き付けたなら
この小さな体でも 受け止められるものはあるはず

投げられた綱の塩を 払うように両手を広げては
観客に見せた背中 流れる心見せないように



元歌は中原涼「砂の城」(PCゲーム「アヤカシ」OP)
もう本当に、もう本当に他の人の知ってるかどうかなんてどうでも良くなってきた自分。
相手の事を考えないのは良くないことなのですが・・・楽しいから、つい、テヘ。
ほとんど元歌詞と変わってません。
歌詞の中の二人が「守る」と「守られる」だったのが、
「挑む」と「挑まれる」に変わってるくらいでしょうか?
まあ、知ってたら儲けモノ、とでも思っていただけたら・・・
姫再び
今日は朝からウチのネコを暴風雨の中、病院に連れて行ったわけですよ・・・
いきなり寒くなって危うく体が冷たくなってしまうところでした・・・
まあ、たまにはネコの体を気遣うことも必要ですしね?

さて、POAROマンスリーライブなワケです。
今回はニューヨーク話、それと新アルバムから四曲って感じでした。
話した内容は・・・えーと
・チンコキック
・タイガー
・さよならロデオ
・のりぴー
・不動産屋さん
・涙とピザ
(POARO情報Blog参照ってことで)
辺りでしょうか? 順番ぐちゃぐちゃですが。

曲は
・ 萌えてたまるか!
・ ぼくはゲーム脳
・ PSP-Personal Space in Pocket-
・ スイッチ
の四曲ですかね~。
この中で言えば個人的には「萌えてたまるか!」「ぼくはゲーム脳」が気に入ったかな、ちゃんと聴いてみるまでは何とも言えないけど。

生ギターが「ほぼ」無いことを残念に思いつつ・・・
一番気になったのは自分の目の前に座っていた猛者。
POAROも気がついていました、ライブ中(ほぼ全部)寝てましたよ?
ニューヨークの悪夢、眠り姫の再来ですか!?
前回、不調により十分に楽しめなかった自分としては、今回は大満足です。
これで夏のライブ納めですかね・・・
本日の相撲甚句モドキ
⑯つばき「繰る技燃える力士」

狂っているよこんな相撲は テレビを見て思った
誰かが嘆くそんな事を 分かりきっている事さ

都合良すぎて嘘つきすぎて そろそろツケが回ってきたのさ
テレビで言う大一番の つじつま合わなくなってんだ

そして練習をしていた新技を出し 誰かの夢を裂く
来る技を待ち光る未来を消そうとする

言いたい事などほとんど言えずに 立合いするのが限界
誰かが嘆くそんな事を 分かりきっている事さ

言葉もまるで無意味なんだよ 力がモノ言う世界よ
ここにいるのも怖いしね 奪うだけ奪うから

今日も部屋で待っている稽古の中で 誰かが夢を見る
立合いを避け光る未来を消そうとする

満たされぬ心のせいだろ 投げて 払って 騙して
無責任な狂った土俵で 君は何を見てるの

そうさ 練習をしていた新技を出し 僕は夜を裂こう
そして明日へと向かおうとしよう こんな土俵で
君は出来ず そうして僕を見ているだけなのかい
繰る技を待ち燃える力士を遠くで見るだけ


元歌はつばき「来る朝燃える未来」
この歌もカラオケなどを見ると、入ってないことが多いというか・・・
多分どこにも入っていないのでしょう。
ただ、凄く良い歌です。
誰にでもあるだろう今への不安と、それを打ち破る力を込めた歌。
そのまま、相撲にもきっと当てはまる素晴らしい歌詞だと思うのです。
一番では八百長っぽいことを、二番では力士視点での相撲界全体の腐敗、
もしくは本当にある”厳しさ”をイメージできる感じになりました。
曲の良さを伝えることは、文面では難しいのですが・・・分かってもらえると嬉しいですね~。
うつらな世界
今日はなんとなく、雨も降っていたので相撲甚句を考えていました。
何も矛盾はありません、雨と相撲甚句の関係は完璧です。

相撲も始まっていたみたいなので、横目で見ながらうつらうつらと考えていたら、
寝たり眠かったりでなかなか作業ははかどらず、気がつけば三つしか作れないで一日終わってしまいました。
一日がそれだけで終わるのもどうかと思うし、結局相撲の結果もほとんど分からなかったし・・・
必要睡眠時間が大幅に増えているような気がする。
冬が明けた春宵と比べても、この時期の眠さは半端ではないのです。
涼しくて過ごし易くなってきたし、もっと自由なスタイルで行きたいね。
本日の相撲甚句モドキ
⑮ザ・ヤクタネッツ 「相撲 相撲 相撲」

寝ている間にも食べ物が腐る
寝ている間にも腹の虫が鳴く
寝ている間にも胃腸は動く
相撲に響く

ああ 見たこともない鍋が部屋で始まる
もう眠らない 眠らない

ちゃんこ ちゃんこ ちゃんこを食べに行こう

寝ている間にもとても面白い
寝ている間にもとても嬉しい
寝ている間にもとても悔しい
何も知らない

ああ 損をしている ああ 損をしていた
もう眠らない 眠らない

稽古 稽古 稽古をつけに行こう

寝ている間にも角界が動く
寝ている間にも番付が動く
寝ている間にも何もかも動く
ボクを置いて動く

ああ 見たことも無い試合がボクを呼んでる
もう眠らない 眠らない

相撲 相撲 相撲を取りに行こう
消えない星と二人して立会いに出かけよう
乾いた土の上で
四股で客を沸かす
塩を少し投げる
ボクはキミと出会う
強いキミと出会う
今夜も相撲取るよ



元歌はザ・カスタネッツ「寝ない寝ない寝ない」
ドッキリドクターのOPでした。
作ってみてすぐの時は「あ~・・・失敗かな」と思ったものだけど、
ちょっと時間を置いて見てみると、ちょっと良い感じだと思います。
とはいったものの、コンセプトみたいなものはちょっとわからないです。
良い勝負がしたいなら、寝とけって感じですか?
楽しい感じの曲で、楽しい感じに歌う歌です、楽しいと思ってくれれば嬉しいですか。
ほっぺにグ!
昨日くらいからですかね~、口内炎が両頬内にあるのです。
食事に支障が出ること出ること・・・
よく噛んで食べられるのがいかに幸せかを再確認する、ありがたくもない機会です。

今日のジャンプはイマイチ面白くなかった気がする・・・
振り返ってどれが、というのはわからないけど、こち亀読んでいないのですよ。
だから、こち亀の特集みたいなのがあると凹むのかも。
大人気マンガなんだろうけどなぁ。

あと何分通常放送。
ニューアルバムから曲が次々と出されてたけど、アニスパでかかった曲はかからず・・・
もう一度聴くには・・・まあ、来週にはかかるかな。
旅行の思い出なんかを話すPOAROやっぱりは楽しそうで、
楽しそうに話すPOAROのトークはやっぱり楽しいのです。
ライブも楽しみになってきたな~、期待しちゃうね。

そう言えば、来月のマンスリーはニトロスーパーソニックとかぶっていることが判明。
マンスリーの通しチケットを買ってるのだけど、スーパーソニックも魅力的なのです・・・
今から悩む・・・一ヶ月あるけど、悩むなぁ・・・
そんな適当なことを悩んでいる一日。
久方ぶりの筋肉痛
金曜日にバッティングセンターで情熱を振り回してから早二日・・・
筋肉痛です。
昨日から痛かったのですが、今日も治らず・・・
年齢って確実に体を蝕んでいくのですね、でも明日からは私は元気です。

さて、ドカベンアイランド罰ゲーム、今までのよりも大きな、辛い罰ゲームになったようです。
その罰ゲームを横で見たり、見ないで情熱を振り回したり、
「勝つのは氷帝!勝つのは・・・」パチン!
「俺だ」とか、王子様ぶったりしててこっぴどく疲労しました。
その後も色々と諸々して、結構遅くなるまで遊んで解散。
他のリスナーさん兼職人さんとも、こういう時にはそれなりに会話をします。
疲れるけれど楽しいのはいつものことで、ありがたいけど申し訳ない気分になります。
これからも、楽しく話してもらえると申し訳ないにしてもありがたいです。

その後、ドカベンアイランド本編で、初めて相撲甚句モドキが採用されました。
アレくらい有名な曲じゃないと採用は難しいようです。
そういう曲も、たまには選んでみると良い事がありそうです。

土曜日は昼頃に起きて自転車漕ぎ漕ぎ、汗を信じられないほどかいて、
でもそれ以外には特筆することもない感じです。

日曜日にいつもの面子で買い物に、秋葉原ですが。
ゲームを買おうかとも思ったけどやめた、最近買いすぎです。
いつものことだけど、身近のアンチクショウどもとの会話はやっぱりストレス発散に良いようで、
調子も良い塩梅になりそうです。
やっぱり苦言を呈したりけなしたりできる仲間がいると、心が癒されます。
ブラック!吐き出せってな感じで。
良くも悪くも心を抑制しなくて済む時間、貴重な時間です。
今日もそんな感じで、いつも通りだけど筋肉痛。
久方ぶりの筋肉痛、泣けといわれたら僕は間違いなく泣きます。


本日のゲーム
プリズムアーク (パジャマソフト 18禁)

大作で初回限定番で高くて期待しててバッサリと切られたゲーム。
大体やった人は「計50話って嘘じゃん!」と思うみたいで、自分も思います。
ストーリーが8話で攻略可能キャラクター別に分岐して、
盛り上がったところで死にそうなほどに盛り下がります。
7人いるヒロイン、7人とも攻略するのは骨でした。
11話~13話の流れが辛い、別のルートでも結構同じテキストを見かけるわけで・・・
もう少し、各ヒロインとの交流を描いて欲しかった感じですかね~。
あと、7人攻略するには7週しなくてはいけないわけですが、
戦闘パートに力を入れてる割には、二週目からは戦闘のバランスがぐちゃぐちゃです。
一瞬で終わってしまう戦闘は、若干ストーリーの邪魔になってしまったかも・・・

1週目は純粋に面白かった(最後が急なこと以外は)ので、全然ダメってワケでもないですが・・・
大作という期待が大きすぎたって事ですかね・・・

攻略する順番がほぼ固定されているので、好きなヒロインが最後のヤツだったりすると、
面倒臭くて仕方ないし、好きなヒロインが最初だと、徐々に7つのルートで、
明らかになっていく事件の全貌をみるのはしんどい感じ。
シナリオって難しいものですね。
音とか背景とかは、さすがに凄いし、±でボチボチでした。


最近の読み物 その三十二
図書館内乱 (メディアワークス 著:有川 浩)

前回に引き続き、この厚さで進んだストーリーが完結しない感じです。
カバーとか外面で見るよりも、遥かに軽いノリで、読みやすいのは変わらずに、
でもその世界での裏部分のようなものも徐々に染み出して来て、味わい深し。
主人公の郁以外のキャラクターに焦点を当てたストーリーによって、世界全体が広がっていますね~。
前回から考えると、次回の刊行は一年後なんだろうか・・・
楽しみだけど、ストーリー忘れそうだなぁ。


その三十三
灼眼のシャナⅩⅢ (電撃文庫 著:高橋 弥七郎)

ここまでの長編シリーズは、個人的には初かもしれない。
メディアミックスなんかも色々やってるみたいで、よろしいことで。
今回はキャラ多めです、謎は謎のままです。
フィレスの黒さが目立つけど、いつか晴れる日も来るのかしら?
個人的には、悠二の鍛錬シーンは好きなので、今回の成長も楽しく読めた。
クラスメイト達の困難も、これからの解決が楽しみだ。
もうクライマックスに近いって感じでもないけど、そろそろ収束するような気もする。
いとうさんの絵はかわいい、が、全裸よりも衣服を凝った絵の方が好きです。
エロさを求める絵では無いと思うので、正直なところサービスとかは要らんと思うのは自分だけか?
本日の相撲甚句モドキ
⑭「すもうにさよなら」 (『ユメミルリキシ』テーマソング)

手にした黒星 土ついた力士
その他大勢の座布団
一人部屋で四股 長めの出稽古
落ち込む時間は捨てよう

無効の試合は サイケな立合い
まんざらでもないと笑ってみて

今いる土俵にさよならしようか
出口はあちらと笑う行司の目
今いる土俵にさよならしようか
踏み出す足先無力に満ちてゆく

水無しじゃどうも 動かない体
熱暴走気味 鎮まれ
飛びかう変化に妨害工作
力だけでいい このまま

あちらの景色はシビアが過ぎるね
稽古続けよう 負けぬように

夢見る力士にさよならしようか
新しい場所が始まるよ もう起きよう
夢見る力士にさよならしようか
白く光る塩 砕けて降り注ぐ

クリアすぎるリアルと混ざり合うよ相撲が

夢見る力士にさよならしようか
新しい場所が始まるよ もう起きよう
夢見る力士にさよならしようか
白く光る塩 砕けて壊れる

今いる土俵にさよならしようか
出口はあちらと笑う行司の目
今いる土俵にさよならしようか
踏み出す足先力に満ちてゆく



元歌は「せかいにさよなら(『ユメミルクスリ』テーマソング)」
いつもよりもさらに知らない人が多いであろうこの歌。
好きなのだから仕方ないのです。
現実にぶち当たって、でもくじけない力士の歌ですか、これ?
そんな感じに見えたら幸せです、満足です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。