申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完パク宣言
「このライトノベルが凄い」の今年度版を購入したので、
その中からちょっと気になるライトノベルを物色して買ってみた次第です。

まずは「人類は衰退しました」ですな。
田中ロミオさん初ライトノベルだそうで、そういう印象らしい。
自分もちょっとだけゲームをしたことがあるのと、友人から
この人についての説明を受けたことがある程度なので、
あまりよくは知らないのだけど、面白そうだったので読んでみました。

んで、読んだ感想としては・・・物凄い完成した感じ?
意外性とか、怒涛の展開とか、そういうのが一切なくて、
「こういう世界があったとしたら、こんな感じの話になるな~」
ってのを完璧にうまいこと書いた感じがする。

この小説から感じるのは、そんななんでもない「生活」であり、
それをただ表現したモノがこんなにも面白いと思えるのは、
やっぱり今の自分が面白おかしく生きていられているからだろうか。
楽しさだけを追求して生きていけたら、それにもしも疑問を持たないで
いられたら、それは幸せなのだろうか?
生きるための努力が必要なくなったら、それは楽しいことなのだろうか?

ただ、「必要でないことは、進化しない」。
だから、今、人間が楽しむために生み出された進化は、生きていくために
必要なものであると、そう思いたい。

刹那的な楽しさを求めるだけの妖精さんを、小説の中では
「何故必要もないのに進化したのか?」と問を出してはいるが、
今の人間についても言えることだと思うのである・・・とか言っちゃったり。

・・・批評と感想の区別って、難しい。


んで、次が「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」。
読んでみて、ビックリした。
こんなに驚いた本が今までにあっただろうか?

だって、完璧なまでに模倣なのである。
アレを読んだ事がある人なら、そしてこの小説を読んだなら、
百人中百人がそう思うであろうこと請け合いって感じです。

本名不詳で嘘つき、そして優しく残酷で自己嫌悪のかたまりである「みーくん」。
そのみーくんに依存し、心が壊れてしまっている「まーちゃん」。
それ以外の人たちも、どこかネジが外れたり歪んだりしている。
狂気が混ざり合って事件になって、また壊れていく。

まさに・・・そう、まさに「戯言」ですかね。嘘だけど。
そういえば、まだあとがきは読んでいなかった気がする。
ひょっとしたら、どの小説を参考にしたかとかが書いてあるかもしれない。
もう一度、見直してみよう。


他にもちょっとだけ買ったけど、とりあえずはこれだけ読みました。
もう少し、ゆっくりと読み進めたいなぁ。
スポンサーサイト
男子三日体重計に会わざれば刮目してみよ
一日サボるととんでもないことになると良く言われるが、
当然のことながらそれ以上サボればもっととんでもないことになるわけで・・・

そうは言っても大学での測定が始まるとさ、手が回らないって言うか、
なんていうか・・・反省はしているのです、反省は。
もうサボらないぞ!


話題をガラリと変えて、小朝の離婚会見を見て。
奥さんの方が原因らしく、それを受け入れて明るくサラッと
離婚するのだとマイクの前で語る姿は、なるほどその通りなのかな、
と思わなくもない。

小朝のほうは、である。
奥さんが仕事を始めたくなって、一年間くらい我侭やって、
それで突然別れたいと言い出して、しかも明るく今でも愛しているから、
ってのは、虫が良すぎると思わなくも無いけど、
これについては個人的には悪くないんじゃないかな、と思います。

結婚生活以上に大切な事が、自分はあると思うわけで。
それが仕事であるか何であるかは人それぞれだと思うけど、
それを見つけて、二人が納得した以上、離婚って物語として
成立するモノだと思うのです。

ただ、その会見の途中で奥さんがもらした
「小朝が夫として家族を振り返ってくれなくて・・・」
見たいなセリフ(詳しくは忘れたけど、多分そんなニュアンス)が、
最高にこの物語をダメにしている。

その本音のような愚痴のせいで、仕事が忙しいとか、今でも愛しているだとかが
全て言い訳のように聞こえてしまっていたと思います。
ダメだよな~あの反応。
ああいうのを空気読めないって言うんじゃないだろうか?

「当人二人がケロッとしていて、周りの人が戸惑う」みたいな
報道のされ方をしていたけど、実際にケロッとしていたのは
小朝のみだったように思えます。
あんなエセ明るい離婚会見は、もう二度と見たくないなぁ・・・
飛ぶようにぶれる
数日間、もさもさとあったのでモッサリ書きます。

今まで大学でやっていた植物の育成が、ついに完成して測定の段階へ。
測定を始めてみると思った以上に一回毎の手間がかかって、
しかも数をこなさなくちゃいけないから、四時間くらい測定しっぱなしの
三日間でした。

しかもこの測定結果が割合芳しくなくてまたやり直しです・・・
まあ、年末までは何回でもやり直すつもりだけど、若干しんどい。
手を抜いてきた大学生活のしわ寄せってことなのかなぁ、と。
諦めと言うよりも納得に近い感覚、楽しんでできるように頑張ってます。


んーで、一昨日は最後の「もってけ☆プレビューブック」を見てきました。
ギターが一番売れているゲーム会社「だった」OVERDRIVEですが、
あの悲劇はしばらくの間忘れまい・・・社長、強く生きてください。

内容はサプライズがまたくっだらなくて面白くて、トークってか
質問内容のキレが悪い分怪我をし易いって感じで社長傷だらけ。
悲劇から始まったライブはやっぱりノリが良くて、予想通りに
楽しいひと時を過ごす事ができました、発売まで二週間きったし、
楽しみだねぇ。


最近になってあの「ハナマサ」でお買い物をすることが増えました。
噂には聞いていたハナマサのお肉、意外と美味しいです。
これからもチョイチョイ買い物に行きたいものです。

そんな感じの毎日、悪くない。
本気と書いて「もとき」と読む
本気と言うよりも必死ですが。


卒業論文のための研究が、どういうわけか先生から丸投げされました。
他の人たちは色々と支持してもらえてるのに・・・
手のかからない生徒だと言われるのは嫌ではないんだけども、
でも面倒だなぁ・・・


そうは言っても、自分としてももうすでに手のかかる段階はすでに
終了しているので、まあ良いといえば良いんだけどさ。
大丈夫です、大丈夫ですと口では言っても面倒臭い。


今までもここ二ヶ月くらいは一日も欠かさず大学に通っていたのですが、
これからはもう少し忙しくなりそうです、トホ~ホホ。


あとはまあ、運動をするのにもここ数週間本気的な力が入ってますなー。
二時間くらいぶっ通しで汗を流すのが、何だか普通になってしまっている。
それを日常にしてしまうと後が怖そうだけど、まだまだ頑張れる。
これに関しては自分への挑戦と言うか、新たな自分不思議発見をします。


充実ではない、ただの日常だけどそれなりに満足しています。
ラジオにメールを送るのも最近また頑張りたいなとか思ったり、
相撲甚句なんかも色々と書きたいなと思っているのですよ。
その辺も楽しい。
やめられない止まらない
自転車をがーーーーっと、ぐぁーーーーーっと漕いでます。
家の中でですが、いわゆるエアロバイクってヤツですかね、エクササイズ。
一日の12分の1位はそんな時間の費やし方をしています。
飽きるまでやるっつーか、飽きるまでのスパンが本当にまちまち
だから、自分の中でも「いつまで続くのかなぁ」なんて思ったり。

損な性格、なんでしょうか?
本当に、一瞬で飽きることもあって、今でもそれなりに続いている
趣味もあったりします。自分がわからない。

ただ、今回の自転車に限って言えば、趣味と言うよりも
これから社会に飛び出すにあたっての準備だから、仮に
飽きてしまってもやめるわけにもいかないって話でもありますが。

まあ、頑張るしかないってことも世の中にはあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。