申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
禅的な
昨日と今日、秋葉原を散策。
昨日は友達を無理矢理引っ張って言って、ただ愚痴のような独り言を垂れ流しながら。
そして今日は昨日決着が付かなかった買い物に引導を渡しに。

やっぱり愚痴は相手がいないと、喋ってもイマイチ効果が無いんですよ。
やっぱり持つべきものは聞き上手な友達だよね。
ストレス発散につき合わせて申し訳ないとも思うわけですが、でも他に相手がいないので、これからもヨロシク。

耳元で流れる歌の一節に涙しつつ、昨日買えなかった物品にリベンジ!
・・・・・・
・・・
高すぎるんじゃないかな!?かな!?
ってなことで購入、そこでも涙がホロリ。

電車に乗る時間があると、やっぱり本を読み進める時間が取れるわけで・・・
そういう意味でも、アクティブな生活こそが人生をカラカラと回すんだろう、
とかくだらないことも考えてみたり。


ところで、24時間テレビってあったじゃないですか。
エンターテイメントとしての面白さはほぼ皆無な番組なんだけど、
暇があれば見てしまう自分がいます。
ああいう障害を持つ人たちのストーリーとかは大嫌いなんだけど・・・
なぜか見ちゃうんだよなぁ・・・

誰に言っても大体否定、というか怒られることがあるんです。
自分でもおかしなことを言ってるのはわかっているのでハッキリと書くのは憚られるんだけど・・・

「歩けない・走れない」と言うのは、逆に言えば「歩かなくても良い・走らなくても良い」ということなんじゃないかって。
確かに不便だろう、自分だってなりたいとは思わない。
確かに辛いだろう、したいことが出来ないのは誰だって辛い。
ただ、「走れる」からって「速く走れる」わけじゃないと思うのです。
すごく不道徳だってことはわかってるけど、どうしてもこの考えが離れない。

鳥は空を飛べるけど、それを羨ましいとは自分は思いません。
豹は凄く速く走れるけど、それを羨ましいとは自分は思いません。
魚はずっと泳いでいられるけど、それを羨ましいとは自分は思いません。
鳥になりたいとも、豹になりたいとも魚になりたいとも、自分は思いません。
飛ぶことしか知らないこと
走ることしか知らないこと
泳ぐことしか知らないこと
ただ、そうだったら自分はどうなるだろう?
幸せなのかなぁ?
そういうことをたまに考えます。

何かを得るためには、相応の対価が必要なことを、自分は理解しているつもりだけど・・・
サヴァン症候群と言う病気も、これと同じことじゃないかな、と思います。

可能性がある「かもしれないこと」と、可能性が絶対無いと「わかっている」人の違い。
障害を持つ人が幸せだとは、さすがに思えないけど・・・
そういうことなんじゃないかなぁ、と思います。

「何でも出来る」を、「目の前に道が無い」と考えれば・・・
「選べる道が少ない」を、「進む道が見えている」と考えれば・・・
答えは出ません。


めちゃくちゃですね?
今日は不道徳が過ぎて、不快になる人がいたら困るなぁ・・・
もう少し、似たような文句はあるんだけど、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。