申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調子の良い日には感想を書こう
本日、二週間くらいぶりに気分が晴れました。
ここ最近体調やら何やら色々と調子が悪かったのだけど、今日は午後に入った辺りから気分がスッキリ。
なんだか良いカンジです。
そんなわけだから、これまで面倒くさくて書ききれなかった読んだ本のことなどについて、
一気に書いておこうと思います。

最近の読み物
その二十七
陰からマモル! ⑧ウェディング時代劇娘 (MF文庫J 著:阿智太郎)

阿智太郎フルスロットルです。
短編や一冊コッキリも良いけど、個人的にはやっぱり長めのシリーズで、
キャラクターをガッツリと出しててんやわんやな感じが好きです。
今回は椿をピックアップした巻になったわけだけど、こういう感じで出始めたら、
あとは一人ひとりで一冊ずつ書いて、最後はゆうなでエンドなのでしょう。
ドタバタってカンジで、突っ走って欲しい。
それで、絶対最後にちょっと泣けるシーンが来るんだよなぁ・・・
ああ、今から期待してしまう自分がいます。


その二十八
蟲と眼球と愛の歌 (MF文庫J 著:日日日)

こっちは次でクライマックスが決まっているので、今回ではほぼ完結していない内容。
神の欠片の七人はこれで全部登場したんだろうけど、それでも謎はつのるばかり。
ドロっとした物語なので、最後がスッキリと終わるか、心配ではある。
無理矢理な感じでご都合主義って感じでも、この小説は納得いかないような気もするのです。
日日日さんの力を信じるしかないでしょう。
神話などを話しに組み込んであるので、その辺の知識と照らし合わせると面白い。
本当にある説なのか、オリジナルの理屈なのかはわからないけど、
自分は概ね、この人の論には賛成できる気がします。
始まりの言葉は歌だったかもしれない。
神話とは人生をなぞらえたものだった、とか。
世界は自分の周りこそが世界、とか。
なんとなく、「そうかも」と思ってしまいます。
誰もが求める愛の歌、誰もが歌う愛の歌。
曲がることが出来なかった愛、真っ直ぐに進めなかった愛。
この小説には多くの愛の形が登場し、どれもが歪で狂った愛情ですが、
だからこそ愛しさを感じることが出来るんじゃないかなぁ、と思ったりもします。
最弱の彼にも、守るべき愛がきっとあるのでしょう。
その辺もクライマックスに期待ってところでしょうか、目指せ大団円!

その二十九
涼宮ハルヒの憂鬱 (スニーカー文庫 著:谷川 流)

この本の感想についてはちょっと別の場所で力使っちゃったので、
(mixiとか、ネットラジオとか・・・使いまわすのもアレじゃない?)
ちょっとだらっと行ってみようと思います。
かなり久しぶりに読み返してみたら、以前ほどの読みにくさは感じませんでした。
最近色々と読む本の種類が増えたからかもしれません。
そうすると色々と見えることもあるわけで・・・
今回の感想としては、キョンとハルヒの関係性が、よく見えるようになって面白かったです。

個人的には、鶴屋さんがベストキャラなのでちょっと不満ではあるのですが・・・
暴走の表紙を見て一発で来ましたとも。
まだ小説の中でどんなキャラなのか想像もつかないけど、きっと良いキャラに違いない。
次に読むべきは間違いなく第五巻です。
なぜか四巻で止まっていた自分の中のストーリーが息を吹き返します。
今から鶴屋さんとの邂逅が楽しみです・・・



最近のゲーム
サモンナイトエクステーゼ (バンプレスト)

サモンナイト4の発売が決定して、そう言えばお安いサモンナイトのシリーズがあったことを思い出して、購入してプレイしてみた作品。
残念な結果に終わりました・・・
イラストが飯塚さんじゃないことにはそれほど不満は感じませんでしたけど・・・
アクションという新しいジャンルがいけないわけじゃなかったけど・・・
なんだろう、あの気持ち悪さは?
体を共有することと、恋愛のストーリーが馴染んでいなかったような気がします。
アクションであることも、恋愛の障害になったのでしょう。
なのに物語は最終的には甘々のベッタベタなラヴ。
どちらかというと少女マンガのようなラヴ。
気持ち悪いったらなかったです。
今までのサモンナイト本シリーズの「ぬるあま」な感じが、そのまま悪く出ちゃった感じでしょうか?
安いけど、損しました。
ああ、でもベクサー&リニアは良い感じでした。
それなのに・・・惜しい!
あと、世界設定もなんだかちっぽけにまとまってしまった感が否めないのではないでしょうか。
サモンナイト4には期待したいところです・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。