申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の相撲甚句モドキ その二十七
やく本英子「白星」

ぼくがなぜ相撲を取るって
いつも答えがない
星に訊こうとしたって
なんにも言わない白星だった
綱も大関も巡らない時代
スバラしい立ち会いにも笑顔が探せない

横綱を打ち破って
ぼくらは風を起こすよ
七色の座布団を
この目で観たいから

どうせ限りは有るんだ
燃え尽きるまで取りたいんだ
格と力にさえ境界線はない
キミとの時間をイタズラにしたくない

今日までを突き破って
ぼくらは風を起こすよ
止まったら
まわしだって灰になるだけさ

There is a time away from here

限界も突き破って
ぼくらは風を起こすよ
金星の光だって
痛みの向こう側のはずさ

迷いなど打ち破って
ぼくらは風にも成れる
力士はいつだって
挑戦ができるから





元歌は松本英子「白夜」です。
サモンナイトエクステーゼの中でも数少ない褒められる部分です。
この歌のレビューとか見ると「ホンワカした雰囲気が良い!」みたいなこと書いてあるけど、どうなんだろう・・・?
個人的には、エキゾチックな雰囲気の中に溢れる闘志が煮えたぎる感じがたまらないと思うのですが。
その勢いをそのまま生かせてれば良いな~、なんて。

相撲甚句スペシャルが近いらしいので、秋場所の事とは言えないかも知れないけど書いてみました。
横綱の不敗神話が崩れ始めて、下から良い力士が下克上を告げる感じ。

良くできたとは思っているけど、多分知らないだろうから送るのもどうなのかなぁ・・・
そんなことも考えつつ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。