申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
特に書く事が無い日は・・・
本の感想でも書きましょう、暇だし。

最近の読み物 その三十八
アンダカの怪造学 Ⅳ笛吹き男の夢見る世界(スニーカー文庫 著:日日日)

日日日ワールドです。
新章突入って感じで、今まで謎だったものが一段階進んだ感じ。
ヴェクサシオンにも一筋の光が見えました、
本当の敵は学会か魔王か、それとも喜悦か・・・
毎回のことですが、「報われる」ストーリーに心を打たれます。
幸せな結末は、そう遠くないのかもしれません。


その三十九
とある魔術の禁書目録⑪(電撃文庫 著:鎌池和馬)

アニェーゼ再び。
今回御坂など学校のメンバーはほぼ無しってことで、吹寄さんも無し、残念。
今回は珍しく解決後に当事者からの感謝っぽいアレが無かったのでそこが少し肩透かし?
どんな攻撃も無効化する右手、この特殊能力はバランスが非常に難しそうです。
彼が絶対に敵わない敵は出せないわけだし、かといって楽勝ムードもアレだし、
今回も頑張ったのでしょう、熱血のノリもバッチリです。
五和の登場は意外と控えめだったことから、これからも若干からみがありそう。
長いシリーズになったけど、どこまで続くんだろう・・・?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。