申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国家のアレ
本日、警察官のアンチクショウに呼び止められまして・・・
自転車が本人のものか、確認したいんだとか。
それは良いです、ええ、結構なお仕事でしょうよ~。

三度目なんですが!!

なんなのでしょう、わざわざ罪の無い人を捜し当てる能力に特化しているのでしょうか?
ちなみに先日つかまった時には、鍵が折れ曲がったせいで、
壊さざるを得なかった錠がついてて怪しまれ、それはまあ、仕方ないかと諦めたのです。
その時のアドバイスを謙虚な自分は甘んじて受け、壊れた錠を取り払っていたのですよ。
まさか、まさか今回のようにその錠が「無いから」怪しいとか言われるとは思わなかったわけで・・・

しかも、今回つかまったのが午前の十一時ですよ。
閑散とした住宅街を悠々と学校に向かっている時の出来事ですよ。
パトカーの暇つぶしに付き合っているわけには行かないのです!
人通りのほとんど無い場所で捕まえておいて「通学ですか?」とかぬけぬけと、
「そうです」と言っても特に反応がなく、だったら訊くなと言ってやりたい。
そもそも、通学する学生を捕まえたいなら朝イチで張ってろってなわけで。
それが出来ないようなチキンにとやかく言われる筋合いは無いのです。

さらに言えば、「アナタタチに言われたからこの錠は外したんですけどネェ?」
と反論すると「でも、こういう状態ならこれからも何度もアナタの事は呼び止めますよ?」
とのこと。
でも、とは何事か、身内のミスを棚に上げて脅しにも近い言葉。
ちゃんと鍵は掛けているのに、これ以上あんた等の為にお金はかけられないのです。
無実が晴れたら、自転車に跨りつつ、

「『今度は』『ちゃんとしたやつを』捕まえられるように頑張ってくださいね!」

とまあ大人気も無いことを口走って去りました。
ですが、錠が無いのを確認したいなら駐輪場にでも行けば良いのだと思うのだけど・・・
警察官の油売りに協力するほど暇人ではないのです。

そういえば、昔は油は高級品で、それをビンに入れるでもなく売っていたから、
行商の人達が各家に言って分量を量りながら売っていたのだとか。
量り売りするのに時間がかかって、その間に無駄話をしていたことから、
「油を売る」って言う言葉が出来たんだってさ、知ってた?
閑話休題、ってなことで。


さて、先日起こったらしい少女が行方不明になって見つかったとか言うニュース。
あれの付き添いで警察まで行った男性が逮捕されちゃったらしい。
詳しい話が良くわかっていないのだが、聞いた時にはビックリした。
朝のニュースでは、明らかに男性に非のある事件だとは思えなかったからだ。
そんな話を家族としていたら、話のわからぬことでお馴染み・・・
話したことがなかった気がする、ウチの父は融通が利かないのです。
その父が「いや、捕まっても仕方ないでしょ」とのこと。
まあ、間違ってはいないのかもしれないけど、それまでの話を完全にぶった切る言い方だったので、自分は懇切丁寧に自分の知り得る限りの情報を言い、そこから導き出される状況と人物像、結果に至るまで、さらにはその「予測することと現実のギャップを討論すること」の大切さすらも教えたのですが、どうも理解してもらえなかったらしく・・・
凄く面白い討論だったのになぁ、こういう話って友達ともすることもあるんだけどなぁ・・・

結構楽しいです、あとは失神ゲームとやらの話もしました。
「まさか理由が「気弱なヤツを失神させるのが楽しかった」とは思わなかった!」
との話でワリと盛り上がります。
それって「その食べ物がをどうして好きなの?」「美味しいから!」
くらい単純明快な答えで、そう答えられたらどうしようもないレベルの答えですよね。
やっぱり若者とか犯罪者の思考はよくわからないのです。
それを想像するのは犯罪防止に役立つのかは定かではないけれども、
でも頭の運動としては悪くないものだと思います。

まあ、自分の頭脳なんてその程度ですが、犯罪心理予測、お試しあれ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。