申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流行の・・・
ここ最近、本当に数週間の事ですが、いじめを苦に自殺をする子供たちが増えてきて、
なんとも切ない気持ちになるのです。
いじめられる子供には何の罪も無いとは思いますが、いじめを苦に自殺をするのは、
良くないことだと思うのです。

一度ニュースで報道された途端に増える、というのは、社会が子供たちに
自殺という最悪の方法を与えたのだと自分は思います。
子供たちがテレビを見て、「ああ、いじめられたら死ねば良いんだ」
という考えに至っているのは、予告自殺などというものがあった時点で
感じることができるはず。

不正でもいじめでも自殺でも、テレビで情報を流出することで、
そこに「前例」が生まれてしまうということなわけで・・・
一人が飛び込めば、後は流れるように続いてしまうのでしょう。

手っ取り早い方法として自殺を、意図的ではないといえ提案してしまった
テレビによる流れは、一体いつになったら止まるのでしょう。

個人的には、いじめ問題というよりも自殺問題です。
いじめは、言ってしまえば「全ての人間が全く同じ」にでもならない限り、
絶対になくなりません。
それでもなくならない可能性も、少なからずあるでしょう。
いじめっ子とやらに何を語って悟らせようが、絶対に、なくなりません。
いじめを防ぐことは出来ても、いじめそれ自体を根絶することは無いでしょう。
罪に問われなくても、それはもう犯罪だと考えればわかりやすいと思います。
大事なのは、いじめという問題に作られてしまった最悪の逃げ場を、
どうやって塞ぐか、ではないでしょうか。


とまあ、昨日の今日で何を言っているかキサマは、ってところですか?
ただ言いたいのは、問題はいじめよりも自殺ってことで・・・
いじめに問題が無いとは言いませんが、それはまあ、またいつか別の機会に、
くだらないことを書きたいと思いますよ、ええ・・・

あと、今日飲んだカゴメの野菜ジュースがまずかった。
死ぬほど! でも健康!
そんな一日。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。