申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
褒められるって恥ずかしいね
本日、ネットラジオであるニュータイプナイト内で、人生でも稀に見る幸運によって褒められてしまいました・・・
嬉しいんだけれども、非常に恥ずかしかった。
もう本当に、褒められることなんて無いんですよ!ええ!
ひょっとしたら、これからの人生でも褒められることなんて数えるほどしかないかもしれない。
でもまあ、賞賛のお言葉は有難く戴きました。この喜びを活力にして、これからも生きて行きたい次第でございます。

今日はゲームを買ったり週末に読む本を買うために友人とともに秋葉原を散策。
先日楽しみにしていると書いたアンダカの新刊を発見!早速買い、週末に備える。
他にも二冊ほど欲しい本もあったけど、まあ今日のところは一冊で。
ホクホクで帰ってきてしばらくしたら膝が痛くなった・・・
どれだけ老人なんだよ!?

本日の読み物
④GIRLS -Diary-(リトルウィッチファンディスク特典)
本日買ったゲームの特典としてついてきた、メーカー曰く『詩集』。
誰かの書いた詩を馬鹿にすることは多いけど、それと同じくらいの率で自分は感動することが多い。
心のどこにその線引きがあるのかがよくわからない・・・まあ、その線がわかることは一生無いと思う。
中でも心に残ったセリフは、こんな感じだった。

『ただ、あなたが幸せでありますように。』

見る人によっては、やっぱり陳腐に見えてしまう言葉なんだろうか?
詩って大抵そういうものだとは思うけど、こういうセリフにはなぜか自分は反応することが多いのです。
それは、多分、自分がその感情からかけ離れているからで・・・と、恥ずかしいので止めておく。
総合して良い読み物だったような気がします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。