申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日の相撲甚句モドキ その五十四
やく本真綾「稽古」

暗い部屋の稽古って大好き
高まる自分に酔ってられるもの
全部同じ立ち合いならいらない
惑わされてちゃ低レベル

守れない白星が欲しいの
魅せてたいから邪魔しないで
思うより問題は単純
失くしてしまったのは闘志

誰の真似にもならない
かけてみる新しい技

自分なりの相撲を探すの自信があるから
ジグザグなすり足で進みましょう
秘密の強い技に期待しても損は無いでしょう
幸せな国技に出会えたからには

人の相撲なんかに興味は無い
逃げる土俵なんてあるわけが無い
呆れるほど変化を愛してる
悪魔みたいな力士達

解説が驚くほど
大技で敵を投げつけて

仕方ない負け越し何度でもやり直せるから
生意気な力士だと言われても
力士ががいるその理由を皆に証明したくて
幸せな国技に出会えたらからには

自分なりの相撲を探すの自信があるから
ジグザグなすり足で進みましょう
秘密の強い技に期待しても損は無いでしょう
幸せな国技に出会えたからには





元歌は坂本真綾「ピース」です。
この歌は坂本真綾がまだ青い時期の曲ですね~。
やっぱりこの歌を聴くと、時は流れているんだなぁ、と感じます。

唐突だけど、他の人の相撲甚句を聴くと、やっぱり純粋に「世界には沢山の歌があること」を再認識させられます。
まだまだ、相撲甚句は奥が深いです。

さて、この歌も特に説明が必要な場所は無いですよね?
強いて言うなら、若干暗い歌です。知らない人に言っておくと。
あと、「ピース」って歌詞は元歌には無いです。
そのくらいかな、やっぱり坂本真綾は難しい!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。