申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
話のわからない人
今日は中原涼さんのインストアライブに行ってきたですよ。
午後六時って時間に秋葉原にいるのは落ち着かない気分だったけど、たまにはいいです。

んで、始まる前に一悶着。 よくわからないおっさんが係の人に絡んでました。
酔っ払いなのか、それともチケット貰ってないのに見たいって言うワガママさんなのか。
どちらにしろ、タチ悪いです。 ダメ大人です。
そんな人をなだめすかして並んでいると、そこら辺を走っているバイクにも威嚇してたから、
きっと酔っ払いなのでしょう。 あの時間から酔っ払いか・・・
ああいう大人にならないようにしよう、これからは。

さて本編。
細井大将とは初めてお会い・・・してない、一方的に見ました。
思ったよりも背は高いのかな、ファッショナブル!
先日のチケット4番は嘘、12番でした。
それでも随分と前で見られて、なかなかに良いライブだった。
トーク30分、歌20分、のりしろ10分の一時間でした。

トークは、ユル~い感じで主に製作秘話。
脱線って言うか、線をガン無視。 たまに会場がシンと静まるのは、不安だったみたいだけど。
悪名高い○○ソフトだとか、にょにょ苑一年分だとかそんな話?
爆笑!と言うよりは、オモシロー、って感じの三十分、経つのが早い。

歌は三曲、「Howling」「no rain,no rainbow」と、あと「カレイドスコープ」。

「Howling」は、ファンの間では「意外」なイメージだとか。 自分はよくわからないけど、悪いイメージはないです。 そんなにビックリはしなかったかなぁ。

「no rain,no rainbow」でのハンドクラップ、要するに手拍子。 していいのやら悪いのやら?
ノッてもいい歌だとは思うのだけど、他の皆も恥ずかしがり屋さんだから、自分だけっていうのも・・・って感じです。 したけどさ。

「カレイドスコープ」が個人的には一番嬉しかったです。
フルコーラス入ってるCDがまだ無いので、初めて聴けました。
ロンドリーフレットのエンディングなんだけど、その前から聴いたことがあるというか、落ち着くというかなんというか・・・
そう思っていたら、どうやらカルテットの時の「ツブオト」の雰囲気を踏襲しているのだとか。
リトルウィッチ作品に合っている感じがするのはそれだからかな。
なんにせよ、サントラは多分・・・買えないけど、いつかまたフルで聴きたい。

そんな感じの一時間でした、蛇足だけど、やっぱり中原さん主体のライブでは、
「角煮ー!」とか「しゃくれー!」とか言われないのね。 当然だけどさ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。