申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
another story1「ハロー・ワールド」
朝、窓から入ってくる光の眩しさで目を覚ました。
いつもよりも少しだけ早い時間。 昨日よりも少しだけ暖かい空気。 なんだか、良い一日になるような気がした。
学校に行くには、少し早い時間だけど・・・
トーストをかじりながら、いてもたってもいられない気分になっている事に気がついた。
・・・そうだ、今日は少し早く家を出てみよう!

家を出た途端に、私は色々な人から声をかけられた。
(おばさん)「アラ、おはよう。 いつもよりも早いのねぇ」
ゴミを出そうとしていた隣の家のおばさんが、そんな風に話しかけてくる。
(子供)「あ、お姉ちゃん、今日は変な顔じゃないんだね!」
後ろから走ってきた小学生の子供に、いきなり話しかけられた。
・・・私って、いつもはどんな顔をしているんだろう?

それからも、道を行く人たちは皆、私に気軽に挨拶をしてくれた。
普段、気がつかないだけで、世界にはこんなにも挨拶が溢れている事を、私は知る。
今日は私からも挨拶を返してみると、皆少しだけビックリして、それから、笑ってくれた。
それだけで、こっちまで嬉しくなってしまう。

今日は良い日だ。 改めてそう思った。

学校に近づくと、段々と制服を着た人の数が増えてくる。
そして学校にたどり着いた、気持ちの良い朝が終わってしまうような、そんな寂しさを感じる。

階段を上りながら、私は一つのことを心に決めた。
教室の前に立って、一つ、大きく深呼吸。
私の世界に、飛び込んだ。
「みんな、おはよう!!」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なんのつもりかアナザーストーリー、自分の中では記念すべき採用一作目、
その原案です。
セリフの部分に()入れて役割入れたりしてるのは、まあ自分なりの配慮。

改行とか、そういったものが参考になるかはわかりませんが、
完熟フルハラを聴いて、かつアナザーストーリーに送りたいと思う人、
さらには自分の文章を参考にしてくれる奇特な人がいたら、
幸いなのかな~って。

ちなみに、手が加えられていると思うので、放送された内容は
これとは若干異なります、あしからず。

逆に、この程度の稚拙な文章であっても、プロの声優さんが演じると
良い感じに聴こえてしまうという良い例なのかも・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。