申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ああ、運命とはかくも儚き
昨日の年に数回あるかないかの最適気候と比べれば、ちょいとすごしづらい気温。
バスケの試合では自分がシュートを決めたことよりも、大事な場面で焦って入りもしないシュートを撃ってしまったことが悔やまれる。
絶対に入らないのはわかりきっていたのに、決めれば勝てると言う、自分としては珍しい驕り。 あんなことは二度とあってはいけない。 もっと勝ちにこだわらずシュートに集中するようにしなくては・・・シュートに焦ることほど格好悪いことは無いのです。

ところで、マンガとか小説とか、はたまたテレビや現実でよく耳にする「運命を変える」と言う言葉が、今でも理解できない。 突然でなんだが。
運命の存在を信じないわけではないが、上記のセリフは明らかに何者かが運命を勝手に解釈していると言うことにはなるまいか?
その人はどうして運命がそういうものだと断定できたのだろうか?
いつも考えている問題をワリと思考が対立している友人に話してみたら、もちろん意見が対立した。
なのに、結論として「変えられるのなら、それは運命ではないのでは?」と言うことだけは一致した。珍しいこともあるものだと思う。
そんなことを考えていたら今日は学校に遅刻した。 これも運命か・・・ああ、運命はかくも儚き。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。