申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あわあわ
今日は久しぶりに大学のパソコンからの更新。

大学からの更新は、自分の部屋よりもさらに狭い空間に
閉じ込められたかのような閉塞感で、キーボードを打つことだけに
専念できるので、とても気分がいいです。

自分だけの空間ではないからこその、他へと心をやる必要が無い、
というよりも、他の何かに心を向けるのが嫌になるという、
なんとも引篭もり的な理由からの爽快感。 共感求ム。

さて、夏真っ盛り、世の中では真夏日ならぬ「酷暑日」であると
騒がれる中、東京を挟んでちょいとばかし田舎まで来たのは、
勿論卒業論文を書くための研究を始めるためである訳だが、
「今週から始める」と指導してくれる先生に言い渡されて来たのに、
研究室に行ってみれば伝達用に置かれているホワイトボードには

「先生が来ない日→20日・23日・・・」

ってなわけで、指示をもらえないままに大学でボケッとしているのです。
ただ、専門的なことはよくわからないから(一応言っておくと、
勉強不足だからです、ちゃんと勉強してればできるはず・・・)
と言っても研究の準備としてすることは色々あるのだよ、
とか一人ごちつつ使用済みのワグネルポット(植木鉢のこと)を
タワシでゴシゴシ磨くこと一時間で完了。
なんだか小学生のころの朝顔の栽培に近いものがあって、童心に帰れます。

それが終わって、他にすることもないのでこれから帰宅する予定。
夏の日差しは暑いけど、容赦がない分清清しく、
ちょっと散歩をしてから帰ろうと思う。
大学からいくつかの駅を歩きとおして、二時間くらいの散歩道を自分で
見つけて、それが何ヶ月か前まではお決まりの帰り道だったことを思い出す。

泡のように浮かんでは消える陽気、陰気、ノリに鬱。
いつまでたっても自分の気分が制御できなくて、悔しい気もするけど、
それすらも一時的なローテンションかと。

そういう意味では、自分の友達である二人は完璧に強気か、
完璧に陰気かのどちらかで、うらやましく思うこともある。
これから学生という身分を捨てて、また新しい世界を体験できれば、
人魚姫のように泡に消える運命を確固たる個にすることで、
ハッピーエンドを迎えることができるのだろうか?

まあ、そんな気分もたぶんすぐ消えるから。
今はとりあえず、歩いてきます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。