申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミャンマーにハートブレイク
ここ二日くらいはシュガスパに没頭しています。
期待していた通りのノリとキャラクターにそれなりに満足していたのですが、
ちょっと思っていたよりも使いづらいというかわかりづらいというか、
そういう部分もあったのでそこも含めてとりあえずの感想を書きます。


まず、激烈に話が繋がりづらい。
一つの話ごとにまとまったポイントが与えられて、そのポイント分だけ
自由にイベントが見られる形式なのですが、選び方は自由なくせに
話の流れは一方向に定まっていて、それが非常にわかりづらいです。
だから、最初に見たイベントが物語の終盤だったりすると、
後から見たイベントが意味わからなかったり、もしくは見られなくなったりします。

そういう意味では、逆にキッチリカッチリ話がまとまったときの感動は
ひとしおだろうけど、それはちょっとストーリー性を欠落させる結果に
なったのかなぁ、って感じ。


次に、これは文句とか問題ではないけど。
いつでも告白できるシステムの真の意味について。
それは「振られるかもしれない」ということ。
当たり前だと思う人もいるかもしれないけど、フラグの立てづらい
上のようなイベント進行とあいまって、ものすごい恐怖。

しかも、ホームページ上で体験できる告白シーンとその後を考えると、
どう見たって話の半分あたりで告白OKもらえるシステムのはずなのに、
見事にそんな手ごたえの無いまますでに中盤も終了に差し掛かる。

これから攻略を続ければ勝手もわかってくるのだろうけど、
この初めてのシステムは結構手強い。
『シナリオ通りの愛でさえもハッピー』と歌った人がいますが、
逆に言えばシナリオ通りのハートブレイクも結構きっついんですわ。
あの、いい加減告白しなくてはなるまい・・・と思って思い切って告白して、
サラリとスルーされる恐怖を、皆さんも一度は味わって欲しいね。

いろいろとやりづらい部分もあるけど、流れとかは好みなので、
なんとか終わりまでプレイしてみたい。
ちょっと頑張る。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。