申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
努力の天才
ARIAとかハンター×ハンターとかの新刊を購入して、
電車の中でパラパラと読んでました。

やっぱりARIAはいいです、ストーリーが。
世界観もいいけど、その中で暮らしている人たちは本当に普通で、
その普通であることの幸せが体に染みてくるようです。
そういう意味では「よつばと」とかが好きな人も好きになれる
作品なのではないか、とか思っています。

ただ、物語中に「天才と秀才」と言った表現が出てきます。
「才能で勝てないのであれば、努力で勝ればいい」と言った考え方です、
自分じゃ追いつけないものに対しても立ち向かうその勇気はすばらしいと思います。

しかし、才能とか努力とか、そういった考えの中には、
自分も少し考えるところがあります。
才能、というか資質は、確かに人それぞれで、どれくらい努力すれば
どれくらい自分の力になるかには、格差があると思います。

でも、どんな資質だって努力無しには開花しないわけで。
努力が辛いのは誰にだって同じ、その大きさも人それぞれなれど。
その努力は、実のところ誰にだってできることではありません。
時々人は「努力の天才」なんて言葉を使うけど、努力ができること、
それ自体がひとつの「才能」であり「資質」であると、自分は考えます。

だから、頑張れることはそれだけでも才能だし、
それはとても尊いことであって、
天才と呼ばれる人たちは少なからず、努力に対する才能も持っていて、
努力もしないで何かに特化しているわけではないと、
そう考えるようにしています。

まあ、そうは言っても神に二物も三物与えられた人がいるとは思いますが・・・
自分に努力の才能があることを信じつつ・・・
天気がいいからいい気分ですね、頑張って勉強しよう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。