申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソウケッサーーーーーン
さて、最近知ったひげ男爵風味な叫びから始まりました、今年の総決算です。

一月とか二月のブログやら何やらを見返してみたら、やっぱり色々と興味深い。
パソコンが動かなくなってたり、初めて会社説明会とかに行ってみたりしてたのが、
ちょうどこの季節だったらしいが、これはもう、ほぼ一年前のことなのだなぁ、とはどうしても思えない。
本当に、つい先日のことのように思えるから不思議。
誇張無しに、昨日のことのようですわ、いやマジで。

でもそこから三、四、五、六月と就職活動を戦い抜き、
七月から今まで卒業論文や授業のことでもめて、
今に至る過程の苦しみは、それはそれはもう、幾千年の戦を思わせます。

いやはやまさに、長いようで短い、短いようで長い一年だったと思います。
今まで生きてきた、それなりの長さの人生の中で、
そしてきっと、これから生きていく上での長い時間の中でも、
なかなかないくらいに不思議な一年だったことは疑いようもなく、
苦しさも、思い出してみれば良い思い出で、もちろん楽しいことはそれ以上にあって、
語弊を恐れずに言うのならば、物語としては最高な一年だったような気がします。

では、来年はそれを超えることは不可能か?
いやいや、最高を知ればそれを超えるのは難しくはないと、以前自分で言ってみました。
来年も、今年と同じ程度には刺激的な一年になるのでしょう。
なにせ、社会人だしなぁ・・・楽しいかどうかはともかく、何かはある一年を期待します。


んで、今年をさらに細かく振り返って、今年やったゲームって言うと・・・思い出せない。
断片的には思い出せるけども、レビューを細かくつけてたわけじゃないし、
クリアしちゃったら手放しちゃうし、何をやってきたのかがいまいち思い出しづらい。
そんな中で、覚えてる中から面白かったものを強いて挙げるなら、シュガスパかなぁ?
ゲームとしての完成度とか、安定感とか、そういうものよりも「面白かった」と思えた作品は
これだと、一応述べておきましょう。
来年もいろいろ出るんだろうなぁ・・・期待に何かが膨らみますな(下品)

小説なんかもいろいろ買っているけど、これはやっぱり「刀語」でしょう。
これに関しては、話の面白さよりも「企画の面白さ」かな。
月刊で出る小説ってのが斬新だし、値段は張るものの講談社BOXの形式は、
個人的には好ましい。
最近あまり読む機会が無いから、買う小説も減りがちだけど、
それでも生活の一部として、これからも付き合っていくことは確定している以上、
来年もより素晴らしい、オモシロイ、楽しい小説が出ることを期待している。
そしてできれば、打ち切りは勘弁してほしいなぁ・・・


それでは、とりあえず今年最後の挨拶を・・・
良い年でした!
そして、良いお年を!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。