申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
死ぬ間際の一言
は~・・・さて!ずいぶん書いてなかったので最近のこと書きますよ!


2月2日の卒業論文発表を、個人的な評価としては納得のいかない出来ではあったものの
無事に済ませ、大学に対して出来ることは卒論を完成させて提出するのみとなりました。
本当は発表の時点で完成させたかったんだけどなぁ・・・
世の中、そんなに上手くいきません。


ここ数年では珍しく、関東地方っつーか浦安近辺にも雪が積もっていました。
遊びたいのは山々、遊びたい気持ちが山のようでしたけども、
そんなことに時間を割けるはずもなく、渋々大学で小さな雪だるまを作るのみとなりました。
一日まるまる空いてればカマクラだって作りたかったなぁ、雪合戦にもあこがれます。
そういえば、お汁粉って最近飲んでない。 今度飲もう、絶対。
それと、雪が降っていることもあってか、実験用の植物の生長が芳しくない。
まあ、おまけみたいなモノだから、できなくてもいいんだけど、せっかく育てたのに
使えなくなるってのも悔しい話、世話はキッチリとやっておこうと思います。


なんか大学で、先生から「論文を学会誌の方にも載せる為に書いてみないか?」
なんていわれたけど、とんでもない話です!
卒論だけでもしんどいのに、そういう雑誌に載せる為にはさらに考察を
研究者の如く真面目腐った口調で書き連ねないといけないらしいのです。
あんまりそういった名誉には興味が無いし、面倒事は卒論と会社のことだけでも
十二分です、有り余ってます。
そんなわけだから、そういった旨を学生っぽい口調で謙虚に伝えました。
とりあえずは普通に卒論を書いています。 正直勘弁してほしいです。


卒業論文は基本的には家のパソコンに向かって書いているのだけど、
作業の締め切りがギリギリに迫っているってことは、やることは掃除じゃないですか。
そんなわけで部屋を少し遅めの大掃除、足の接地可能面積が60%向上しました。
キレイにするのが好きではあるのだけど、汚くすることにまったく嫌悪感が無いので、
散らかるのも早い、すぐ掃除の機会があるっていうのは、
なんていうか、セルフで幸せですね。
次の大掃除は3月末かな、それまでなるべくは散らかさないようにします。


ラジオd2bが始まって二週間となり、メールもいろいろ送ったけど
二週録りなんで読まれませんでした。
ぜったい読まれるコレ!なんて自信を持って送ったにもかかわらず、
肩透かし食らうと恥ずかしい。
バレンタインネタも含めて送ったので、ポシャった確率が高いのも痛いです。
期間限定って言うのが、どれくらいの限定頻度なのかがわからないけど、
長く続けてほしいなぁ。


最近読んだ本の中では森博嗣「的を射る言葉」が面白かった。
本屋で見かけて「お、こりゃ面白そうさ!」と思って買ってみたら結構昔の本らしく、
森博嗣ファンの妹が持っていないかと思ったけど、持っていなかったようで安心しました。
本ではあるけども、内容は日記の冒頭に書いた一言をまとめたものらしい。
感心するっていうか、こういう尖った言葉は、たまに読むようにしないと自分の文章の
ボキャブラリが貧困になるような気がします。
物語って、ストーリーはもちろん大事だし、ライトノベルが好きだから
イラストだって重視しますが、
こういう「言葉として、単体での面白さ」も、大事なことだと思う。

天才と呼ばれるような人間の言葉は、得てして理解のできないような、
理解してはいけないような言葉が大半ではあるけども、
それでも「自分には無いモノ」がそこらじゅうに転がっているのは有難いことですね。
皆さんは
「仕組みよりも論理、論理よりも言語」(トリックよりもロジック、ロジックよりもリリック)
ってな言葉を聞いたことがあるでしょうか?
完璧な解答だとは思わないけど、時として真理だと思うのです。
まあ、いちばん大事なのは「全てを極める」ことだろうけど、
基本がしっかりしてると良いってことでしょうかね。
勝利を決めるのは戦略だが、戦略を活かすには戦術が欠かせないのと同じ・・・同じ?


・・・と、まあ、こんな箸にも棒にもかからないような戯言を書き連ねているのは、
思いもよらなかった敗北に相当凹んでいるからですよ・・・
あ~、どうして負けたんだろ・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。