申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さらなる考察?
前回の日記で色々と自信ありげなことを書きました。
でもまあ、正直言うと勝ちたいわけですよ、ええ。
なのでこのゲームの傾向・・・は、記録癖がないので他のチームと自分のチームの比較、
及び相手チームのパラメータ考察などができないために涙を呑んで諦めました。

そこで出てくる便利な「説明書」!
昔は説明書だけで三日は遊べたものです。
なので今回は原点に戻り、「あそびかた」の部分を読み解いてみましょう。

中でも自分の命運を握ると思われるのはやはり「パラメータについて」です。
以下、劇空間ぱわふるリーグのページより抜粋。

□ 選手の能力について

 ・ PW・・・振り回すイメージ。長打や四球になりやすいが、三振が多くなる。

 ・ MT・・・コツコツ当てるイメージ。安打になりやすいが、長打にはなりにくい。

 ・ 走力・・・かき回すって感じ。長打、安打にもなりやすいが、本塁打は出にくい。守備にも影響。

 ・ 守備・・・そのまんま。低いとヒットを許しやすい。外野は進塁されやすい。

 ・ 速球・・・力で押すイメージ。三振を取りやすいが、打たれると長打になりやすい。四球も。

 ・ 変化・・・打たせて取るイメージ。三振は少ないが、凡打になりやすい。

 ・ 制球・・・そのまんま。長打にもなりにくい。

 ・ 調子・・・そのまんま。チャンスやピンチ時の能力にも影響。

 ・ 攻撃意識・・・攻撃的だと打者が力を発揮。守備的なら投手。

 ・ バント・・・バントが多く(少なく)なる。

 ・ 盗 塁・・・盗塁が多く(少なく)なる。走力次第。

 ・ データ意識・・・選手能力どおりに動くかどうか。って感じ。

 ・ モチベーション・・・隠しパラメータ。各イニングでリセット。得点や長打などでUP、失点やエラーなどでDOWN。


らしいですよ。
一緒に遊んでいる人たちがどれだけこの文章を読んでいるか知りませんが、
恐らく強者はこの文章から最高の組み合わせを拾い上げたはず・・・
前にmixiで考えてみた仮説については省くとして、それ以外の部分での揚げ足取り。

今回気になったのは上記の中の「PW」「MT」「走力」である。
この三つの文章は恐らく、そのパラメータを高くした場合の効果が書かれているのだろうが・・・
よくよく見ると、高くした場合のはずなのにデメリットがある。
「MT」「走力」は、高くすると長打、本塁打が出にくくなるような書き方である。
この三つは、ひょっとしたらひたすら高くするよりも、攻撃的に良いパターンがあるのかもしれません。
あとはわからないのは「データ意識」ですが、これについては自分には永遠にわかりませんなぁ。
なぜなら長期的にデータを取るのが苦手だから。
誰か、とてもそういうデータを大事にしている人がいたら、見せてもらいたいものです、マジで。

そういったバランスも考えつつ・・・今回はすでに遊びつくしちゃったので来季からやってみたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。