申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お久しぶり!相撲甚句モドキ その七十七
Damonfly「力こめて横綱を」

二人で相撲を取ろう 懐かしいこの土俵で
あの日と同じポーズで四股を踏んでいて欲しい

見果てぬ綱の強さは気まぐれに星を重ね
キレイなものは遠くにあるからキレイなの

約束したとおりあなたと
ここに来られて本当に良かったわ
土俵に上がる気持ちが愛じゃないなら
何が愛か分からないほど

力こめて横綱を 変化しないで受け取って
理由なんて訊かないでよね
今だけすべて忘れて 笑わないで受けとめて
照れていないで

昨日とよく似た稽古 何気ないちゃんこ鍋を
食べてて鍛えそびれた足腰のせいでしょう

私は変化が得意で
最初から逃げることを考えてたわ
何度も間違った道 選び続けて
正しくここに戻って来たの

互いに倒し倒され いつもあなたの所へと
この心 舞い戻ってゆく
無難に勝つ相撲より 笑い合えるこの土俵が
ずっと幸せね

上手投げ、内無双
突き出し、寄り切り
送り吊り出し......
あなたに贈る技は......?

互いに倒し倒され いつもあなたの所へと
この心 舞い戻ってゆく
おめでとうも言い出せずに負け続けた
今日ここへ来るまでは

力こめて横綱を 変化しないで受け取って
理由なんて訊かないでね
今だけすべて忘れて 笑わないで受けとめて
土俵を割るまで

いつまでも綱でいて


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
元歌はSuperfly「愛をこめて花束を」。

・・・実に1年と3ヵ月ぶり!?
食三法で見に来た人も、劇ぱわで見に来た人も、多分全然知らないでしょう?
過去、ドカベンで個人的にすごく好きだった相撲甚句のコーナー。
要するに相撲のことを歌った替え歌のことらしいです。
以上、相撲甚句の説明終わり!

んで、自分は昔から、甚句作るときはその歌をBGMにして書くんですけど、
この歌聴いてると泣きそうになるんですよね~。
Superflyの歌は、なんというか「芝居」憑っていて好きです。
バンプを「絵本」とするならまさに「芝居」のイメージ。
勝手なイメージなんで、共感が得られるかはわかりませんが・・・

この歌はアレですね、友達力士が横綱になった後って感じ。
友達が遠くに行ってしまったような気持ちになっている力士が、
稽古に励んでついに千秋楽での優勝決定戦!みたいな。

今まで100近い相撲甚句(ここ以外でもなんか書いたりしてるんですよ、恥ずかしい)を
書いてますが、納得できる甚句なんてほんの一握りでした。
この甚句も、そんな一握りを感じるくらい、しっくりきました。
ぜひ、歌ってみてください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。