申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストラテジネーション
そういえば昔、セガサターンで発売されたソフトの「プリズマティカリゼーション」って
タイトルが異様に気に入って、買ってもいないのに未だに忘れられません。
造語らしいけど、とても奇麗な言葉です、好きです。

それはそうとして、劇ぱわです。
現在ちょっと大変なことになっているらしいですが、自分の出来ることと言えばそう!
考察です。

パラメータについては自分も未熟なので、詳しいことは言えませんが、
戦略は恐らく、大きく分ければ二つでしょう。
それは「絶対負けるつもり」か「買った場合のことを考える」かのどちらかでしょう。

劇ぱわのルール上、「勝ち続ける」には4人の投手が全員勝てる
パラメータである必要がありますが、「負け続ける」場合については、
実は負ける投手については一人でオッケーだったりします。
つまり、理論上「使わない投手」が、最大で三人発生するわけですなぁ。

これを利用して、3人全てを鬼パラメータにすれば、野手に充てる
パラメータが少し減らせる訳です。
要するに・・・投手3人に目いっぱい「28」使ったとすると、
残りのパラメータは「166」。
負け投手はできる限り低くしたいから「10」にするとして、
残りは「156」となり、一人当たり約19パラメータ、これをいかに割り振るかが
勝利・・・じゃなくて「敗北」への道となりましょうか。

ただ、この戦法を取った場合、仮に一人目が何らかの理由で買ってしまうと、
二人目からは鬼パラメータ、完封勝ちなんて話が出てきます。
なので二人くらい弱い投手を作るのか、それとも一人に絞るのかが、勝負のカギかなぁ。

それ以外のパラメータとか、戦術についてはよくわかりません、毎回中の中って成績ですし・・・
とりあえず、負けるチーム、作ったろやないかい!!
というのも、次の大会で勝ったとしても嬉しくないし。
同じ土俵に立つのが、大事。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。