申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結果発表~
今週の結果

31勝19敗

いきなり発表しましたが、今回の劇空間ぱわふるリーグ、ド・リーグでの結果でした。
現在の順位は・・・4位か~、思ったよりも伸びませんでしたが、
1位が今回は神がかっているので、諦めもつくってものです。

そういえば、リーグの途中で、
「眼球抉子」の名前のことでしょう、「怖!」とのコメントをいただきました。
そりゃそうだ!
・・・でも、可愛いのになぁ・・・漫画版もあるので、見たらいいじゃない!
閑話休題。

さて今回はちょっと頑張って色々な成績発表~!
野手
 名 前打率本塁打点四球犠打盗塁失策
乱崎凶華.246018151080
陽月オセロ.3260181312110
死神三番.320020410110
眼球抉子.238102721102
中村奈々子.273173834014
剣シロオ.287014715100
巴已己巳.258936272011
芥川白雪.306011124110
投手
名 前防率勝ち負け奪三四球被本
激流院潮静1.91102109497
殺菌消毒2.8975864115
空井伊依2.3374493911
最弱4.3478483814

ふむ・・・こんな感じで大丈夫かな?
赤い字がチーム内最低数値、青が最高にしてあるはず。
まあ、赤とか青とかついてないのはあんまり興味がない部分って言うか、
そんなに注目しなくてもいいかな~って思うところ。
皆さん好きなパラメータに興味持って構いませんので。

んーで、予想していたよりは打率が良くなかったのが誤算かな。
ただ、打率が最高になるようには調整していないので、この程度か・・・って感じ。
防御に関しても、今回はどっちつかずだったのでタイトルは獲れなかった。
あと、調子の問題なのかどうかは判断が難しいけど、
4打数4安打とかざらにあったのに、それが得点につながらないケースが多々。
その辺ももう少し、打順・打撃力調整が必要なところかもしれないですね。
あと、鉄壁の二遊間、格好良い!!

あとは、ベストバウトはお休みして一度やってみたかったモノをやってみましょう。

「ザ・戦略講座」

よし、行ってみましょう。

それほど特別なことやってるわけじゃないので、ひょっとしたらセオリーっていうか、
みんなとっくにやってることかもしれないので、知ってる人は見なくていいです。

自分がこだわってる戦略とは・・・こちらです!

<打順を調子の良い順番にする>
これで勝ち数が・・・3勝?くらいは違う気がする。
・・・皆さんやってましたか?そうですか・・・とりあえず喋らせて下さい。
特に維新クロニクルスの場合「打順を変更しても問題ないパラメータ」にしているので、
調子の良い順で並べると得点率がガッツリ変わってきます。
ただ、これをするとタイトルは獲りにくい。理由は自明なので割愛。
打線が繋がらないチームにはオススメの戦略なので、やってみてください。
パワーなんかのバランスで変えにくいチームでも、クリーンナップとそれ以外で分けて、
調子の良い順番に並べるのが良いと思います。
あと、個人的には1番・2番は出来る限り絶好調の選手を出した方が良い気がする。
なので、バランス型であれば強打者は二人、それ以外の6人でローテーションを
組めるようにすると、打撃が良い感じになる、と、思いたい。
少なくとも、絶好調のあとで最悪くっつけてチャンスを潰さないようにしたいものです。

あと、これもちなみに、ですが、
パラメータ7と10の差と調子だと、調子の方が上だと思われます。
主に打撃、特にパワーに関しては、
7~10の間であれば、調子とテンションの二つがモノを言いますので、
やはりこの点でも打順の変更を推奨しておきましょう。

それでは、次週はまたア・リーグに戻ってちょっと試験的チーム改変です。
改善か、それとも改悪かは自分にも予想付きませんが、ガラッと変えていきますので。

・・・今週のア・リーグ寂しそうだなぁ、なかなか偏りを治すのが難しい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
実は、打順=調子、は、以前はやってたんですが、サイトに打順を載せてる関係から、あんまり変えるのもなんだなぁと思ってたんですが、今回久しぶりにやってみました。

結果は見事に勝率UPです。恐ろしい。
それにしても、日日日と西尾維新はなんか、名前の付け方が似てますね…(というか、ラノベ全般そんな感じなのでしょうが)
2008/08/15(金) 13:42:29 | URL | kureseki #mQop/nM.[ 編集]
ラノベ脳の恐怖
そう言われてみれば、ラノベのキャラクターの名前は、
その傾向が強いですね。

中でも一番そういう名前を出すことに力を入れている
作家だと、自分はこの二人からかんじているのかもしれません。

自分は打順は最初に決めたもので最後の発表を
しますが、正直実際に見るとバラバラだったりします。

あと、特化型チームが直観的になると
良いことが無い気がします・・・
逆にバランスチームはある程度直観が必要っぽい
と、日日日団での試合から感じています。
この辺がちゃんとわかれば、自分もそれなりに
優勝争いできるのかなぁ・・・
2008/08/16(土) 21:09:26 | URL | SOT #MckU4m1g[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。