申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イベントデイなんです
昨日はあまりにも疲れて、部屋に帰ったら即効で布団に突っ伏してしまって、起きたら昼の一時でした。
なので、昨日のことを書きましょう。

ドカベンアイランドの罰ゲーム「プラティニゲーム」を見学に行く。
それが終わったところで「ブログに詳しいことは書かないように、ネタバレになっちゃうから」と釘を刺される。
リスナーさんから。
危なかった、言われなかったら全部書いてしまうところだったよ・・・
放送される前なので、ここでは非常に楽しかった、とだけ書いておこう。

そして、「アニメロサマーライブ2006 OUTRIDE」である。
罰ゲーム現場で意気投合したリスナーさんと一緒に会場である武道館へ。
当たり前だけど、メチャクチャに混雑していた。
そこで知り合いが来るまで雑談、主に現在のオタクの扱われ方について。
知り合いが来てからはどんな歌が歌われるのかと言った話。
夢が咲くね。
んで、開場、ステージからはほぼ真横になる席にとりあえず座る。
歌っているところはほとんど見えなかったのだが、そんなことはどうでも良くなるくらい非常に良いライブだった。
始まる前は、正直好きでも無いアーティストもチラホラいたので凹んでいたわけだが・・・
最初の奥井さんと栗林さんの「MASK」を聴き、もう不安は吹っ飛んでしまったわけで。
最新の曲を歌いまくるのかと思ったら、そうでもなかった。
中でも「乙女のポリシー」「planet dance」「candy lie」なんかは予想だにしていなかったので嬉しい限りです。
やっぱりJAMの「SKILL」では喉を潰した。
でも開場が揺れるほどの観客全員の叫びは凄く気持ちが良い。
なぜか知り合いはこの歌すらも知らず、叫ばず。
逆に凄いと思った。
今までの22年間、こんなに声を出したことは無かったと思う。
涙は出なかったけど、正直、いつ泣いてもおかしくなかった。
行って良かった、心からそう思う。
来年も絶対に行こうと思った。

余談だけど、隣にいた女の子は四時間三十分ずっと踊りっぱなしだった。
これはこれで凄いと思う。
バイタリティもさることながら、出演したアーティストを分け隔てなく応援できたと言う事実は驚愕。
アレだけ楽しめるのは、本当に素晴らしいことだなぁ、と思った。
もう少し自分も体力を付けないといけませんね。

そんなこんなで、一日イベント三昧だった。
七月八月はイベントが七割増くらいなのだが(当社比)、始まりは最高のスタートだった。
熱い夏は始まったばかり、途中で倒れないように頑張ろう。

さらに余談、すときゃのネットラジオが、どうやらi-tuneでは聴けなくなったっぽい。
ちょっと面倒くさい。
ま、その程度ですが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。