申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
・・・POAROライブだ!
今日はPOAROライブがありまして・・・それの感想をば、もっさりと述べることにしようと思っているのです。
いつもよりも少し遅れて到着、三時過ぎだったのですでに整理券は配布され始めていました。
通しチケットを見せてもらった整理番号は24、随分と早い番号がもらえたものだ。通しチケットを買ったのにまだ来ていない人が30人以上いるってことで、それはお金を損している人がいるってわけです。
・・・まあ良いけど。

さて、いつも以上にポカーンとした曲の数々。
自分としては6戦6敗でした。あとから聴いて川本真琴のパンの歌は聴いたことがあることを思い出した。それでもいつもよりもポカーンとしながら聴く。
知ってる曲を歌ってもらう方が嬉しいのだろうけど、POAROが楽しそうに歌うのを見るのが大前提なので、それはそれで良し、なのかなぁ・・・
POAROライブに行き始めてから聴く音楽の幅が広がったけども、岡村靖幸の曲に関してはオリジナルよりもPOAROがカバーしたバージョンの方が、個人的にはすんなり聴けて良い。あとグルも。
フリッパーはちょっと感じが違うのでオリジナルも好きなのだけども・・・ピロウズのコンピレーションをバンプのファンが聴くとこんな感覚になるのかもしれない。
それはそれとして、今日歌われた岡村靖幸の歌も今度オリジナルの方を探してみよう。曲って言うのは何度も聴いて初めて良さがわかるものも多いし。

トークは物語の成立と童貞の恋愛感についてが主。
最近辛口の批評を知ることが容易になっているので、映画を見るときの参考になって助かる・・・ほとんど映画を映画館に見に行かないので参考にする機会があれば良いんだけどなぁ。
恋愛感・・・飲み屋で討論したらしい女性の『映画を見たら云々』って話の矛盾についてはまったく持って同意!
思わず大拍手なのです。
自分が好きな娘が自分を好きな確率400000000000分の1!
天文学すらも超越。本当にそうだと思う、ここでも同意、素晴らしい演説でした。

ただ、POAROの二人どころか観客とも自分が異なっている点として、童貞どころか女友達すらも皆無な自分にとって、映画を一緒に見るっていうのがどれほどのイベントなのかわかりづらかったところが残念だった。
あと、個人的には女に恥を欠かせないとか、男から告白とかっていうのに賛成派って少数なんだろうか?
男である以上女には勝てないような気がするんだけど・・・そんな人間ってひょっとして稀?
もしも自分に好きって言ってくれる女の子が現れたとしたら、嫌いでない限り一発で好きになると思う。二回も必要ないね!
自分の弱さが露呈。これから強くなれるんだろうか・・・

来月は鬱ソング特集らしい、一つリクエストしてみようと思う。来月も楽しみだ。
今週は忙しすぎてもじもじアンゴールズも送れず・・・これからも忙しくなるからなぁ、どうすっかね?


追記、今日は楽しいライブだったのだが、それ以外の部分が最悪で早速鬱入っているのです。それ以外の部分全部です。マジっす。
楽しい場所からのフリーフォール、威力二倍の二倍鬱。それでも思考は回っている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。