申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦ですか?
私は 戦場で 生まれる
紅い鮮血を 産湯にして
阿鼻叫喚に 祝福されながら
Hallow World
今 私は ここで 生まれた

ってなわけで、ラグナロクパーティのマンスリーイベントでした。
Gvは相当に無謀だということは、大体全員わかっていたと思うけど、まあ勿論全然ダメだったわけで。
それにしても大手っつーか、Gvギルドって容赦無いのね。
話がわかってもらえてないのか知らないけど、ノビ相手にも容赦しないのはいかがなものか。
勿論「遊び半分でGvなめんな!」って意見はわかる。
自分もそういう考え方をするタイプの人間だから。
でも、イベントってあるじゃない?
空気読もうよ・・・
散々だったけど、まあまあ楽しむことは出来た気もする。
負けて当然だから、悔しくも無いし。
次からは、もうちょっと穏便なイベントになると良いなぁ。

本日の相撲甚句モドキ
③浅野升美 「happyend」

負け越し続いて落ちていく 取り組みお疲れゴクローサン
昇進と言う目標の前で フラフラスランプ中
迷わないで 気楽に行こう
変化なんていらない ガツンと前向いて

ガップリ四つだけどこの世界は
痛いの だけど全部倒してhappy end
膝が痛くても It’s all right OK
まだまだ戦うパワーにしてhappy end
昇進の先の景色見に行こう
絶対最後はhappy end

横綱の威圧感を前に 立ち竦む者達よ
金星と言う目標の前で ブルブル震えてる
怯えないで 信じていこう
弱気なんていらない バチンと頬張って

ドッシリ構えても この世界は
辛いの だけど全部勝ってhappy end
土で汚れても It’s all right OK
まだまだやれるパワーにしてhappy end
金星の先の景色見に行こう
絶対最後はhappy end

何のためにちゃんこ食べるの 何のために四股を踏むの
何のために上を目指すの それは全てhappy endのためだから

ガップリ四つだけどこの世界は
痛いの だけど全部倒してhappy end
膝が痛くてもIt’s all right OK
まだまだ戦うパワーにしてhappy end
優勝の先の景色見に行こう
絶対最後はhappy end
綱に届けhappy end!



元歌は浅野真澄「happyend」
タイトルもなんかしら相撲の何かに変えようと思ったけど、相撲にとっての「happy end」ってなんだろうね?
ってな感じで考えてみた。
歌の中では、千秋楽を終わりとしている節もある・・・引退と取れる部分もあったりで、何がなにやらだけど。
個人的には、元歌詞とノリが結構似てて、歌いやすいと思うんだけど如何か?
やっぱり替え歌って考えるの楽しい。
これからも、無理しない程度に考えていきたいなぁ・・・モドキだけどさ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。