申し訳無いブログ
SS載せるように発掘してみますたー。 甚句なんかも気が向けば・・・?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肉体が精神を凌駕する瞬間
ここ数日、朝起きてからはしばらく喉の痛みが続き、
咳が止まらない現象が続いていました。
耳鼻咽喉の不調は今に始まったことではなく、季節が変わる時の行事なので、
別に気にはならないのでした。
それが昨日の昼辺り、咳が止まらないことに気がつく。
風邪なのかどうかはわからない、風邪じゃないっていっても強がりっポイし、
風邪だって言うのもなんかアレじゃない?
そんなこんなで気が滅入ってきて、正直やる気が無くなってきた訳です。
でも、コミケ・POAROマンスリー・大喜利修学旅行上映会・
さらにオールナイトライブまで含めた「人生で一番長い日」を、
こんな調子ではアカンと、体が真の力を発揮しました。
精神のみで立ち上がるという話はよく聞くけど、このときの自分はまさに
「肉体が精神を凌駕した」瞬間だったと思います。
そしてイベントへ・・・以下、12日の回想です。

午前11時 コミケへ
ドカベンアイランドの同人誌が出るらしいので、それを買うために参加。
一般ブースの最悪な混みようを見てゲンナリ、一瞬だけだから・・・と、
自分に言い聞かせます。
方向音痴だと言っても、何回か往復すれば目的のブースは見つかります。
テムさん他、歴戦の勇者達が売り出すドカベンの歴史を綴った本。
500円らしいのに、なんと本に名前を使った人にはタダでくれるとか。
リスナーが買うんだろうけど、その中でこの本に名前が載っていない人は、
どれほどいたのだろう?
儲けを期待していないのは間違いないだろうけど、それでも、
次回の同人誌製作を断念するほど損失が出るのではないかと心配してしまう。
勝手な心配ですが。
さて、挨拶をしつつ去り、昨日買えなかった分を少し補填してコミケを後にする。


午後1時 POAROマンスリーライブへ
思ったよりも時間に余裕が無い移動に。
新宿駅を出ると、空には黒く重い雲がかなり迫ってきていた。
多分いきなり土砂降りになるんだろうな~、と思って急いでfuについたその10分後くらい、
案の定メチャクチャな勢いで雨が降り出す。
危なかった・・・傘を持っていなかったのです。
まあ待つこともなくライブへ。
罰ゲームはもうすでに「罰」でも「ゲーム」でも無いという破天荒ぶり。
面白いから、良いんだけども。

この辺りで、自分が本格的に体調を崩していることを知る。

残念なことにシングルCDから三曲とも歌っていた。
その分だけギター演奏がなくなるのが残念なのです。
他の人は、やっぱりPOAROの曲を歌ってもらうのが嬉しいのだろうか?
最後に喋ってた音泉ラジオの生天目さんの放送のアンチクショウっぷり、
まだ聴いて無いけど、絶対聴こうと思う。
出前スペシャルって名の嫌がらせがどんな風になっているのか・・・



午後7時 大喜利修学旅行2006・前半の前半上映会
コレに関しては、感想を書くと色々とアレなんでしょうか?
敢えて言うことが出来る感想は、「期待通りのすさまじさ」だろうか。
売ることを前提とした撮影になるかと、若干心配していたんだけど、
思った以上に、まったくと言っていいほどに、皆無!
カメラが多いことが、前半の後半以降どんなマジックを生み出すのかに期待しています。
まあ、人数が増えて若干一人一人のキャラがわからなくなった感じはあるけど、
内容の全体量としては濃すぎるくらいなのでしょう。
大満足。


午後9時 
一度帰宅してから影山ヒロノブと愉快な仲間達によるオールナイトライブへ
このとき、大きく息を吸って吐くことで体を活性化、肉体が精神を凌駕する。
正直な話、鷲崎さんの出演が終了した辺りから、頭には靄がかかっていたのですが、
それでも楽しかった、マジで良かったのです。

ただ少し文句が・・・文句のためにダイジェスト。
会場に入ると、まずイスが並んでいたことにビックリ。
スタンディングでも良いかな、と思っていたので。
ほとんど埋まっているイスの中で空きを探して座る、選択ミスに気がつかず。
しばらくしてから後ろの席からザワザワ、どうやら集団が一列に並んでいるらしい。
会話の内容

「イスに座ってないヤツとかありえねー」だとか
「途中で拍手したり、席を立つヤツとかいたら蹴り入れるよw」とか

・・・何をしにここに来たんだろう?
こういう人たちが一番むかつくのです。
楽しみににしている人とか、楽しもうと思っている人を潰してしまうような言葉。
死ねばいいのに、とか、マジで席を立とうかな、と思っている時に開演。
後ろの席は、ずっとうるさかったです、それだけが最悪だった。

しばらくして、鷲崎さんの登場、ギターがうなります。
伝説でのみ聞いていた「ザッツマイナンバー」を、まさかここで聴けるとは思わなかった。
メチャクチャ良い曲じゃないですか!!
聴けてよかった・・・歌詞だって普通に恋模様を歌った見事な歌でした。
もう一曲も名前はわからなかったけど、良い曲だった。
あれはなんて歌だったんだろう?
来てよかった~。
他の出演者も、驚くほど外れがなかった。
サイキックラバーも、女装してなければなぁ・・・
松澤由美さんは初めて生で見たけど、最高だった。
またライブとかで見たくなるような歌声に、涙が出そうなほど感動した。
しかも歌ったのがアノ「Dearest」ですよ!
いや~、嬉しかったなぁ・・・
他の人もほとんどがライブ映えする素晴らしい歌声を披露してくれました。

その中で唯一、個人的にいただけなかったのが、あのヤマケンさん率いるバンド。
なんだろう・・・自分の中では、アレは「無し」です。
好きな人も、たしかにいるんでしょう、でも「無し」です。
しかも、ヤマケンさんが「ハレ晴レユカイ」歌ってるところで、
後ろの集団が総立ちしてやがんの。
自分勝手な人に凹む。
それ以外は、マジで良かっただけに・・・


そして最後に帰路。
始発の電車はコミケに向かうアンチクショウどもでいっぱいで載れませんでした。
死ねば良いのに!
そんなことを思ってしまうほどに疲れた体を引きずって家へ。
夜の7時までずっと寝てました。
一番長い日、コレにて終了でございます・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。昨日自分はブログを始めたばかりなのですが、もしよかったら私のブログに遊びに来て下さい。よろしくお願いします。http://blog.livedoor.jp/tabahiko/
2006/12/19(火) 01:52:13 | URL | tabahiko #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。